JSが俺を取り合って大変なことになっています/糸緒思惟,小路あゆむ

これはひどい、いい意味で。この言葉がこれほど似合う作品も他にない。なるほど、日常系ハーレムラブコメをヒロイン全員JSでやるとこうなるか……!
たまたま2冊続けて内容説明系長文×2chスレッドタイトル風のラノベを読んだわけですが、今回のに関してはある意味では必然とも言える。主人公がそういう掲示板にどっぷり浸かっている設定で、地の文もそういうネットスラングやネットで好かれそうなパロディやネタに散りばめられてるので。まぁ自分もそういう文化は嫌いではないので、割と楽しく読めた。
エロコメは一迅社文庫のお得意のジャンルの1つだと思うので、流石の出来と言わざるを得ません。エロコメとしてはよくできてると思いますし、炉好きでネットネタ好きなら必読でしょうw
あと、ヒロインのJS3人組の友達同士のあれこれな部分はかなり和む。正直、主人公とのエロ部分よりずっとクる。これはクる。庶民サンプルの感想でも書いたけど、やはり一迅社文庫はユルい百合モノジャンルを形成する為にそういう作品を量産すべきではないか……?
さて、気になるのは、同級生との絡みか。そして、それに対するJSたちの反応。これ、なんとなく怖いんだが……キツい展開になったりするんだろうか。そうなったら凄い気がするけど……うーん。割と気になるので、次はもう少し早めに読んでみよう。

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件/七月隆文,閏月戈

これほど惜しげもなくハーレムなのもいっそ珍しい気がする。女子校に拉致られるんだから、そらそうだ。
設定的には、タイトルがとてもわかりやすい。世間で嫌われてるという、所謂作品説明系長文タイトル、しかも2chスレッドタイトル風という、ダブルネーム。まぁ一迅社文庫はちょくちょくこういうのぶっこんでくるイメージはありますが。これに限らず、タイトルについて、賛否・議論ありますけども、自分は嫌いじゃないです。特に好きということもないですけど。
さて、内容についてですが、率直に言って楽しかったです。内容もサクサクと読めるし、短かめの話数で区切られてるのもイイ感じ(1巻でプロローグ・エピローグ抜きで23話)。楽しく読むライトノベルとして、とても上手く出来てるなーと。結果的に1年寝かすことになってしまったけど、もちっと早くに読むべきだったかも。続き読みたい。あと、主人公がちょくちょく出してくる軽食が妙に旨そう。
個人的には、いっそのこと主人公は女の子でもよかったんではないの、という気もしないでもないですが。まぁ、そんなのは自分みたいなのしか喜ばないのでアレか。んでも、そろそろきららとかみたいな、ユルい百合系ラノベの需要もあるんじゃないかと思わなくもない……とか思ったけど、それこそ一迅社文庫の『きゃんでぃっど』はその路線か。電撃文庫の『アイドライジング!』はそんな感じだし。もっと増えろー。
まぁそれはそれとして、本作自体はとても楽しかったです。こないだりすまいさんのコミカライズ版も買ったし、2巻以降も早めに読みたいところ。

10歳の保健体育 5 特装版/竹井10日,高見明男

10歳がまた増えたと思ったら、主人公自身が10歳になっていた。と思ったらw と思ったらっていう。どっちなんですかね。まぁ、どちらにせよ、とてもこの作品らしくて素晴らしいと思いましたw いい意味で悪ノリ・悪フザケする竹井10日さんらしさを最大限に引き出してる作品なので、この作品はこのままでやれるとこまでやりきってほしいなあと思いますw 一迅社ならそれができると信じて疑いません。
それにしても、この作品の中高生以上はホントにアレな子しか出てこないな。10歳の子たちの方がまともに見えるw まったく小学生は最高だぜ! というか、今回は主人公が10歳化してるからか、なんというかいつも以上にやりたい放題な気がしたw
また、今回、自分が大好きな和恋さんが大変ドMカワイイのでマジご褒美でした。いや、いつもカワイイのですが、今回はとてもシチュエーションがイイのでドMカワイイが際立ち過ぎてて、もう我慢できないです。
和恋さんといえば、特装版のドラマCD。ファンなら絶対にこちらを買うべき。多少値は張るけれども、割高と思うなかれ。コスパを考えれば絶対に損はありません。
まずキャスト。主人公の姫武静姫:佐藤利奈、10歳のロリヒロインの似鳥はみる:竹達彩奈、その姉であり静姫の幼馴染の似鳥翠蓮:釘宮理恵、静姫の従姉妹でありダダ甘姉的存在である姫武綾音:阿澄佳奈、翠蓮のクラスメイトの筋肉娘の荘川乙海:田村ゆかり、主人公が通う学校の隣の学校の風紀委員である長宗我部和恋:日笠陽子、と、あまり声優に詳しくない俺でも知ってる人ばかり。個人的には、静姫は男の人がいい気がしないでもなかったが、まぁ慣れる範囲だし、キャラ設定的にもアリです。女子キャラはどの子も唸る程の可愛さですが、その中でも和恋さんマジ素晴らしいのです。
その上、シナリオは原作者書き下ろし。これまでドラマCD手掛けてきた作者なので脚本もバッチリ。分量もがっつり1時間以上ある。本編と同じくハイテンションハートフルラブコメちょいエロ風味は勿論健在。きっちりゲラゲラ笑えて、ほんのりほっこりできます。これでセットで2000円超えないとか、まじドラマCDだけで3000円とか出すのバカらしくなるなw
と、大満足の特装版でした。コミカライズもあるようだし、次に何かあるとすればアニメ化だけど……どうだろう?w ファンとしてはとてもして欲しいが、ここまではっちゃけてると地上波は厳しくなかろうかw

きゃんでぃっど 乙女とカメラと地獄突き/小幡休彌,飯塚晴子

ゆっりゆっらっららら乙女とカメラと地獄突きっ♪ ゆっりゆっらっららら乙女とカメラと地獄突き♪ ゆっりゆっらっららら乙女とカメラと地獄突き♪ きゃんでぃっど♪
とても歌いにくいなw
カメラ女子たちのユルくも甘酸っぱいながらも地獄突き! なお話。変なとこでメリハリ利いてる感じw まぁノリとしては所謂日常系に近い。サクサク読めるし、とても楽しかった。
苺ましまろを読んでる時と似たような感触を感じたのは、たぶん主人公の森村環と日夏乙羽のやりとりやノリに、千佳ちゃんと美羽のそれに近いモノを感じたからかもしれないw 漫才的な楽しさとノリの良さがありつつ、ふとした時に親密な部分が垣間見れたりとか、とても好みなことこの上ない。もう二人のやりとりだけで1冊読みたいぐらいに好きw
他のキャラもたまらん。
自分は特にさーやが好みすぎた。何このイタカワイイ生き物。保護したい。たとえば、自分の写真をブログに一生懸命うpってアクセスアップに頑張ってるとことか監視したいw いじられてるとことかずーっと見てたいw いじられカワイイは正義っ!
トウキチはジャージ女子だし、十文字さんもたまらん。そして、湯谷先生ににゃっ殺されたい!
飯塚晴子さんのイラストもよかった。少女漫画的な雰囲気がありつつ、健康的なエロス感みたいなモノも感じられて、とても作品とマッチしてる。本文挿絵がトーンが多め? でベタが少なめなとこがちょっとフワフワしてて落ち着かない感じもしないでもないが、それも魅力のうちかな。

パンツブレイカーG/神尾丈治,丸ちゃん。

おバカな異能エロコメだと思って舐めてかかって返り討ちに遭う異能悲劇ラブコメ第2巻。
いや、あとがきで作者さんもおっしゃられてるけど、1巻読んで面白さに心酔し続刊を激しく希望したファンとしても、正直2巻出ると思ってなかったw なので、ホントにとても嬉しい。一迅社文庫最高や!!!
気になる内容としては、今回も基本的な部分は1巻といい意味であまり変わらない。まぁどうしたって1巻ほどのインパクトはないが、異能を持つ者の悲哀が描かれつつ、それぞれの物語が紡がれる。相変わらず切なく痛い部分もあるのだけど、不思議と重苦しい雰囲気がないのが好感。
やはり、タイトルでもある主人公の『パンツブレイカー』という能力の素晴らしさか。や、エロい意味で素晴らしいというだけでなくw まぁそれも含めてではあるがw、まず出オチで面白い設定だけどそれだけでなく、ちゃんと描けば描くほどに物語に深みが出るというか。その上で馬鹿らしい設定が息苦しさを開放してくれる感じもあるし。
『くだらない異能がいかにも凄い異能より実は凄い』というモノ自体は最近珍しくないタイプではあるが。もちろん作者さんの描き方が巧いのはあるだろうけど、これほどに味わい深いものなのかと。
もしかして、主人公の能力が『パンツブレイカー』でなく、一迅社文庫エロコメ路線パッケージでなく、もっと真面目な異能悲劇な物語として描けば、ものすごい作品になるんじゃないかなどと思った時もあったけど、多分そうじゃないなー。これはこれだからイイとしか思えない。
また、今回は主人公に異能を与えた元凶である妖刀『浦沙雨』の物語が語られる。プロローグでいきなりその一端が語られるのだけど、これがまたイイ。このプロローグめっちゃ好き。
あと、175頁の挿絵は卑怯だと思いますw ああいうシーンで何故こういうことをするのかw 葉っぱの挿絵がないのもよくわかりませんしw いい意味で絶妙にハズしてるw
一迅社文庫様、3巻も是非お願いします!!!

憧れのあの娘が突然迫ってくるんだが、どうしたらいい?/天草白,けこちゃ

帯のコピー通りのw、ハーレム系迫られラブコメ。作者さん自らあとがきでラブコメというかエロコメとおっしゃっるほどの、そのサービス精神というかエロ描写というか、もはや清々しいレベルw
舞台は高校の科学部。主人公はそこの2年生の男子。ヒロインはそこの天才部長に幼馴染、天才部長に憧れる後輩、おっぱい・眼鏡・おっぱいというラインナップである。天才部長の開発した薬によってゴニョゴニョ、というお話。
あまり難しいこと考えずにエロコメを楽しんだw 何より、メインヒロインの天才部長が普通にエロかわいい。表紙に一目惚れて買ったのだけど、お話の中でもとてもかわいかった。エロい女の子はかわいい。サービスカットがエロいとかそういう意味ではなく(まぁエロいんだけどもw)、性に好奇心旺盛な女の子がかわいい、という意味。
あとは、やはりけこちゃさんの絵がエロ過ぎて困る。いや捗る。
一迅社文庫のこういう路線、是非頑張って欲しいw 良識のあるオタク(笑)に叩かれてるけど、そんなの気にせずに。まぁ、わぁいや百合姫作ってるとこだから、余計な心配だと思うけどw

10歳の保健体育4/竹井10日,高見明男

3巻のラストの件はどうなったw
そういうノリが許せるのがこの作品の強みとも言えるけどもw
コメディはある程度いろんなユルさが許容されてもおかしくないけど、ここまでそれ自身が魅力になってる作品も珍しい。

そしてやはり小学生は最高だ!!!
「悪かったよ、はみる……まさか、そんなにはみるが寂しん坊だったとは……。よし、じゃあ、今日からはみるにかまいまくろう」
「本当ですか!」
ペカーッと笑顔を輝かせるはみる。

↑なにこれ、めっちゃ可愛い。
ペカーッてw

あと、いつにもましてエロかった。
冒頭の方の静姫×翠蓮は普通にエロかったし(絵もw)、出番は多くないけど和恋はやはり強烈。
やっぱりこの作品ではピカイチのキャラだわw
もっともっと見たかったなーw

新キャラの朋萌は翠蓮と被ってて印象薄いと言われてるけど、それちゃう。
周りが濃すぎんねん。

10歳の保健体育3/竹井10日,高見明男

10歳児増えた━━━━(゚∀゚)━━━━!!
一気に三人も増えたけど、まぁタイトルの割にはロリいキャラの出番少なかった気がするので、ちょうどいいぐらいなのかもしれないw
今迄は、翠蓮はお節介だし、綾ねぇはダダ甘だし、荘川なんて筋肉だしw、和恋に至ってはドM雌豚という、主人公の同年代は壊滅的w
10歳児メインキャラの二人のうち一人の宮澤も巨乳なわけで、よく考えたら『10歳の保健体育』なのに全然ようじょようじょしくなかった。
どういうことなのw
それにしても四年二組おっかないわ。
関係ないけど、俺も小四の時二組だったなあ。
人生であのへんがピークだった気がする……。
ともかく、この作品ほど読んでるのが単純に楽しい本も他にない。
おバカな話を読みたい時の満足感がハンパない。

あと、あとがきに若干の物足りなさを感じたのは自分だけではないはずw
ううむ、竹井10日作品に毒されてきてるのかもしれないw

10歳の保健体育2/竹井10日,高見明男

前半は新キャラの和恋のインパクトが凄すぎて、他のことはあんま覚えてないぐらいw
我々の世界でも、アレをご褒美にできるのは相当の強者だけですw
しかし、だがしかし、だからこそ彼女は神々しい。
クライマックスでキスシーンがあるのだけど、これはある意味で凄まじい。
何を言っているんだお前は(AA略 と言われ、更に可哀想な子扱いされそうなので、この話はこのへんでやめておくことにするw
後半はあまり出てこなかったし、続刊での彼女の更なる活躍に期待したい。
他はなんとかくんが不憫だったのは覚えてる。
主人公モテすぎだけどあんま腹立たないのは、キャラが濃ゆすぎてあんま羨ましくならないからだろうか?w
いや、絵もかわいいし、キャラも
かわいくできてるのだけどね?w

後半の方は話が急展開な感じがしたけど、最後はちょっとほんわり涙ぐまされた、やられたなーと思ってたらぶちこまれたw
もう先がどうなってくのかすげー楽しみだけど、3巻の展開が全く予想つかないw

あと、静姫×翠蓮のイチャラブDVDどこで売ってますか。

10歳の保健体育/竹井10日,高見明男

LOやREDいちごやキャンディータイムを嗜む縦ロールお嬢様本気パない。
「エロゲー主人公みたいな暮らし」を送る主人公のハーレムラブコメ。※ただしヒロインは10歳
全く小学生は最高だぜ!!!!!!!
まぁ二人ぐらいしか出てこないんだけどもw
むしろ姉キャラとか巨乳キャラ多いしw

会話の掛け合い・地の文のリズムがとても小気味よく、内容的にも悪ノリ下ネタのオンパレード。
好きな人にはとてもたまらないと言わざるを得ないw
自分はゲラゲラ笑いながら読ませてもらったw
『がをられ』を先に読んでたのでアレだけど、この作品は地の文が基本主人公の一人称なので『がをられ』の地の文が気になった人は、こっちならイケるかもしれない。
まぁノリとしては似てる感じなので、がをられ微妙ならこっちも合うかどうか微妙だけどもw

挿絵は『かのこん』や『れでぃ×ばと』のキャラデザの高見明男さん。
GJすぎると言わざるを得ないが、このコンビのままでジュブナイルポr(ry

また、装丁がノート風になっていて、なかなか凝っていて凄く好き。
表紙だけじゃなく、中身の章やキャラ紹介の下地がノート風(方眼)になってたり、使ってるフォントが手書き風だったりしてるのは見ていて楽しい。

あと、あとがき7頁長いw 面白かったけどw

| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM