黒百合の園 わたしたちの秘密/秋目人,shimano

「黒百合の園」というタイトル、「いじめ、万引き、同性愛、レイプ、殺人……」という文句がどぎつい帯……これは百合百合しい少女たちのダークな学園青春モノが繰り広げられるに違いない! と、小躍りしながら読み始めたわけだけども、実際に読むとそこまでの感じではなかったw
まぁそれはそれと置いておくとして、面白い小説だったとは思います。

ある通り魔事件をキッカケに起きる人間関係の変化、その通り魔事件が起きるまでに至るキッカケ……悪意、というと大袈裟な気はするものの、そういったモノが連鎖していく様を読むのは、楽しい、というとアレかもしれないが、面白かった。
惜しいのは、この作品がメディアワークス文庫から出てることか。
メディアワークス文庫は、普通のラノベがメインターゲット……中高生くらいを設定しているのに対して、大学生〜若い社会人をメインターゲットにしているという話で、そう聞くと電撃文庫より濃ゆいモノを連想してしまうのだけど、実際には逆。電撃文庫より、単純に分量的に薄い本が多く、文字サイズも大きい。内容的にもライトな本が多い印象だ。これは、電撃文庫を読んできた人がメディアワークス文庫に移行していくということではなく、これまでラノベを読んでこなかった人に対してアピールしたいということだろう。実際、それは成功してるようにも思うし、まぁそのことは問題ないのだけども……たとえば今回のようなモノが、ちょっとライトな読み味になってしまう気がしてしまうのよな。
登場人物も割と多いし、それぞれ面白いだけに、いっそ2,3冊に分冊してキャラをもっと掘り下げて、人間関係やそれぞれの事柄をもっと濃密に描いてもよかったのではないかなーと思ってしまった。とても刺激的なコピーやあらすじに、思てたんと違う! と思ってしまったことがあるにせよw、それだけに、だからこそ、それでも面白かったというのは、お話自体が面白かったからということだと思うので、余計にそう思ってしまう。
まぁ、だから先に書いたように、この作品はメディアワークス文庫なのだよ、という話なんだろうけども。でも、このお話でもっと濃ゆいのが読んでみたかったのよなー……。

とはいえ、語り手が移り変わりつつ、それぞれの思惑や感情が絡み、彼女たちに起こった出来事の様子が表情を変えながら、真相が明らかになっていくのはエキサイティングで面白く、読み終わった後の満足感はありました。
秋目人さんの電撃の方の作品も読んでみるかなー。

ビブリア古書堂の事件手帖 3 〜栞子さんと消えない絆〜/三上延,越島はぐ

今更読んだのかと言われそうな本好き日常ミステリ、ビブリア3巻。……まぁなんとなく積んでた。
ドラマはまぁキャストの時点で色々言われるのは仕方ないかもしらんが、実際見てみると割と面白かったですよ。まぁ俺も4話くらいで録画失敗して最後までは見てなかったけど、出来自体は悪くなかったと思います。原作知らない人はフラットに楽しめたのではないでしょうか。まぁ音楽どうにかならんか、と思ったけど……。それはともかく、原作は間違いなく面白いですよ!

さて、そんなビブリア3巻ですが。今回扱われる本は、プロローグとエピローグで『王さまのみみはロバのみみ』、一話はロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』、二話は……言わない方がいいか、三話宮澤賢治『春と修羅』となっております。三話はドラマでも見たかな。やっぱり原作読むと少し印象変わるが、いやまぁホントそれはともかく。
個人的には好きだったのは二話目。本の名前が明らかになっていませんが、これは本の探求……こういう本を探しています、という依頼から始まるお話だからです。読んでいけば作品を知っている方は割と思いつくんじゃないかと思います。自分も原作を読んでいたわけではないのですが、これの、今風に言えばメディアミックスされた作品がかなり有名な作品なので、自分もそっちを知っていたクチです。その答えを知っていて、栞子さんが頭を捻るのを見るのはなんとも楽しい体験でしたw
そして、やはり、この作品の本そのものに宿る物語を読み解かれる楽しみは堪らないな。友人がドラマ化されたのを見て少し幻滅してたけど、やっぱりそれで読まなくなっちゃうのはもったいないよ、と言っておきたい。
4巻では、そろそろお母さんが登場かなぁ。楽しみ。そんなわけで、自分も、まずは、もう出てる4巻、今度は早めに読もう。

それにしても、3巻読んで更に思ったけど、何で妹を弟にしちゃったんだ>ドラマ化 キャスティングで多少の設定などの変更は仕方ないにしても、あの変更が一番謎だし、納得しかねるわ。ちゃんと最後まで見ればそこも、なんとなく納得できる部分があったのだろうか……? うーん……。

アウター×トップ/神野淳一,加藤アカツキ

サイクルロードレース!!!
目次からもうニヤニヤしちゃった。『5月 6月 7月 8月 9月 10月』。自転車ロードレースのシーズンになってますやーん。そして、出てくる奴らがみんなかっこよくて、めっちゃたまらん。
出てくる人間はサイクルロードレースのプロを目指す大学生二人と、元プロの返り咲きを狙うオッサン、それを支えるメッセンジャーをやりながらロードレースしてる若い社会人。それぞれがそれぞれの思いを背負ってペダルを踏む。サイクルロードレースの競技性と相まってめちゃくちゃ楽しかった。
サイクルロードレースは他のスポーツと同じようにアスリートのスポーツで勝負の世界なのだけど、それだけでは語りつくせない深みがある。大して知らない自分が語っていいものじゃないほどにw
なので、サイクルロードレースについてのあまり詳しい語りは避けたいがw、個人やチームにおける戦術・戦略性、勝負の駆け引きや運などは勿論、それぞれの思惑やしがらみといった『アスリートとしての勝負』だけにとどまらない面白さが強い。興味が湧いた方は、3大レースの1つであるジロ・デ・イタリアはもう終わってしまったけど、夏には自転車ロードレース最高峰のツール・ド・フランス、秋にもブエルタ・デ・エスパーニャがあるのて、まずはそれらのダイジェスト番組なんかを是非見てみて欲しい。
物語は基本的にはサイクルロードレースを描かれる。というかそれしかないと言ってもいいw しかし、それだけで彼らのことが透けて見え、退屈せずに読めるほどに楽しかった。
また、主人公のパートナーの妹がヒロインなのだけど、彼女がまたイイ味出してる。前述の4人がメインの物語だけど、彼女のサイドストーリーも読んでみたいくらい。
でも、これもしかして単巻で終わりなのかな。続き、ちょう読みたいんだが。ていうか、これまだこれからやん。この巻1冊でプロローグぐらいな感じでもおかしくないと思うのだけど。もっと読みたい。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM