カズアキ×深見真 百合姫表紙画集 GIRLS UPRISING

百合姫の表紙を彩ったカズアキさんのイラストと、それを味付けした深見真さんの短編小説をまとめた本。
画集らしく、大きめサイズでイラストは勿論フルカラー。小説部もレイアウトが凝っていて、相乗効果でとても楽しい一冊になっている。

倒錯した雰囲気をふんだんに纏ったカズアキさんのイラストと、ハードな面持ちを堂々とふりまく銃はいかにもミスマッチだけれど、だからこそ映えるという好例。
この本の表紙になっている首輪された紗香とそのリードを持つ千里、『赤か青か』の物憂げな琴乃に後ろから抱きつく芽久美、『そしてまた歩き出す』のおでここつんしてる紗香と千里……その全てに傍らに銃があり、別になくともそれらはいいイラストになっていると思うのだけども、何故かそれがとてもイイ小道具として機能していて、結果的にこれはなくてはならないと、そう思えてしまう。
して、その小説部なのだけど……「ハートの近くで待機する弾丸」という文章で、もうそれこそ、撃ち抜かれた。そんなもんだから、あとはもう世界にどっぷり惹き込まれて読んでしまった。
大きな戦争があり、おそらく人類の世界は遠くない将来、終わってしまうのではないか……という世界観の中で生きる少女たちの日常と恋が描かれる。少女たちの恋心と、硝煙が漂い血が飛び散る様は、まさしく深見真さんワールドで、麗しく可愛くかっこよくもあるカズアキさんのイラストとよくマッチしている。
お話として、何かこの世界の大きな問題が解決したわけではなく、少女たちの恋が何かがっつりと一段落したわけでもない。また、大きなサイズとはいえ100ページもないので、小説としてのボリュームは多くない。なので、もっと彼女たちの物語を読みたいと少し物足りない感覚を覚えるかもしれない。が、イラストの彼女たちの物語として読むのは非常に楽しい行為だったと思えて、読後の満足感は高かった。
そういう意味では、いつも読んでるライトノベルとは逆の形なのかなぁなどと思った。単純に分量としても短編小説1話分に対して、イラストがフルカラーで3枚ほどもありイラストの比重が高い。こういった形での小説とイラストという表現は、普通のライトノベルとはまた少し違った感触で楽しかったので、またあるといいなぁ。

少女と銃のイラストと小説の世界、とても楽しい一冊でした!

BLK. 限定版/huke

hukeさんの画集。しかもBRSのfigma付でフルカラー240頁。たしか発売当初は5000円くらいで買えた。さっきアマゾン見たら7000円とかで売ってるし、買っておいてよかったw でもfigma付って考えたら7000円くらいは妥当か。
内容としては1/3がブラック★ロックシューター、1/3がシュタインズ・ゲート、残りがそれ以外という感じ。
武器と女の子、というモチーフはけして珍しいモノではないけど、これだけガッツリ見せられると、さすがだと思う。何よりその見せ方だろう。
カワイイ女の子と凶悪な武器というミスマッチ感というモノはホントによくあるモノだが、それが陳腐にならないhukeさんの絵の強味は武器の重厚感だろう。ズッシリと重そうな刃物、銃器。斬るというよりも、叩き潰すのが目的なんじゃないかと思うほどの大剣。撫でれば身体を真っ二つにされそうな大鎌。カワイイ女の子たちがそれを振り回してる絵はもうそれだけで『絵になる』。
そういう形のとり方、色の塗りの他にも、マチエールを作り込んだキャンバスのような画面作りもイイ。これがhukeさんの絵の形・色に説得力をもたらしている。
あと、黒の使い方の巧さも好き。特にBLKの絵なのだけど。
個人的な印象だが、黒という色はとても強い色なので、ある意味で使い方が難しいなと思っていて、良く言えば画面が締まるのだが、他の色を足しにくくなったり、なんとも無難な画面になったりするのだ。
hukeさんの絵の場合、黒自体が魅力を持って画面を支配している感じがして、めちゃくちゃカッコイイ。
あとあと、星海社絡みの仕事(『エレGY』『私のおわり』『ジスカルド・デッドエンド』の表紙絵)も収録されてるけど、やっぱりめちゃくちゃイイなあ。特に『エレGY』の表紙絵、ちょう好き。
オマケのfigmaもイイ出来でした。こうやってオマケでつけられると、普通のfigmaも買ってみたくなるねw グッスマ恐るべしw

竹画廊画集 2010-2011/竹

好きなブログを読みすすめるような、お気に入りの日めくりカレンダーをめくるような、そういう楽しさを感じられる画集。
縦長いレイアウトを下からめくるのがまたたまらない。
エロい意味ではなくw
竹さんの作品の雰囲気にもノせられてとても楽しい気分で読めちゃう。
イラレ・フォトショ絵混載で表紙裏表紙のゴチャゴチャ感も合わせて楽しい。
個人的な好みは、ゆーすと子ちゃんとケモ絵。
まとめて見るまで気づかなかったけど、竹さん割とケモい絵多いよね。
特にメリノちゃんヤバイ!
内容も装丁も大満足の1冊。
2010-2011とついてるということは、竹画廊が続く限りは毎年のように見られるということだと思うので、これから毎年が楽しみになるなw

ここからは蛇足に近いけど、暇な人はどーぞw
冒頭の竹さんの語りでピンと来る人はネトヲチ歴の長い古参であるw
これは間違いなく『take+』のことだろう。
『take+』というのは、竹さんのサイトのことで、そのサイトにはコンテンツはお絵かき掲示板しかなかった。
まぁ色々あったらしく、結局やめちゃったけどね。
それがだいたい10年ぐらい前の話。
当時はお絵かき掲示板全盛期で、いくつか見てるだけで楽しい掲示板がいくつかあった。
そういうのは基本的には大手掲示板郡の1つだったり、何かの作品の集まり的なものが多かったけど、中には個人の掲示板で面白い掲示板も少なからずあって、その1つには確実に『take+』は挙がった。
当時はお気に入りのニュースサイトやブログを廻るみたいに、定期的にお絵かき掲示板を廻ってたのだよw
なので、やめちゃった時の悲しさったらなかったなあ……。
こんなふうに纏めて見せられて太田さんが『竹画廊』で『take+』の再現をやりたかったのか、というのに今まで気づかなかったのは不覚以外の何者でもないけど、これは当時のファンとしてはとても嬉しい。
ちょっと涙ぐんだw
というわけで、こういうめんどい古参が見てるので竹画廊は末永い運営お願いしますw>星海社さん

渋皮栗/片山若子

ファンとしては大満足の出来。
A4ぐらいのサイズで350頁超というのは、子供の時に好きだった図鑑みたいで嬉しくなるw
ミステリーやSFを読む人はちょくちょく見たことある絵だと思う。
北山猛邦さんや米澤穂信さんの本のイラストや、星新一さんの本の表紙やハヤカワの『たったひとつの冴えたやりかた』なんかも。
滲んで可愛く、掠れて優しく、淡く毒々しい。
作品に出てくる少年少女はかわいい顔をしているのだけど、一緒にいる動物が禍々しい表情していたり、ハッとするような色がのせられていたり、絵だけで色んな物語を夢想してしまう。
個人的には、ピンク系の色の強さにドキドキする。
使われてるのは、水彩、色鉛筆、パステルとかかなあ。
色合いや絵の雰囲気、風合いなども含めて、優しい感じがするのだけど、そんな中でピンク系の色の強さは際立つのだけど、それが全く嫌な感じがしない。
モノクロの作品も収録されていて、そちらもとても味わい深い。
カラーの作品よりも、形の面白さや画面のバランスがわかりやすく、カラーの作品の間に挟まっていて見ていて飽きない作りになっている。

それにしても驚きはこのボリューム感。
最初に書いたように、サイズとしてはA4くらいで特別大きくはないのだけど、頁数が350頁超。
しかし、けしてチープな作りではない。
その8割方がカラーで、スピンが一工夫されてあったり、オマケもかわいくついてあったりして、隅から隅まで楽しませてくれる。
こう言ってはなんだけど、これで4000円弱は安い。安すぎる。
あと、笹井一個さんとのコラボ企画の全プレはがきが、これがまた送りたくなくなるほどかわいいはがきw

そして、何より素晴しいのは、生で原画を見てみたいと切望させることに成功してることだなあw
あああああげんがみてえええええ

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM