タマオメ

タイトルの通り、何よりまずタマのホーム味スタでのリーグ戦出場におめでとうを言いたい>東京×大宮の試合
思えば、見てきた東京のユースの中でとても印象深かった世代かもしれない。自分がユースを見始めたのは、森村がサテライトに出場した時に「あいつ、なに」と思ったことがキッカケ。つまり森村が3年の時。その時から年に何回かは見てるけど、タマの世代のチームの成績は、プリンス関東優勝、クラ選優勝、高円ベスト4、ユース杯ベスト4と華々しく、タマ自身もクラ選MVPも取りましたが、何故か誰も昇格しませんでした。チームが強いことと、その選手の個の能力が高いかどうかは別の話であることは頭では理解していても、当時はやはり納得はできませんでしたw タマ自身は明治大学で天皇杯でJチームから得点を奪い、勝利するというのもありましたねw
タマ以外にも、GKの井上、CBの畑尾と藤原、タマとボランチでコンビを組んだヌキ、不動のキッカー山浦、FWではどんだけボールタッチ柔らかいねんというブッチ(岩渕真奈のお兄ちゃん)にルーベン。ルーベンも特指で水戸で頑張ってるようですし、タマ以外にもプロ入りする選手がいるといいなあ……。と、まぁこういう感じで印象深い世代だったのです。いや、重松の世代も、廣木やヨッチの世代も、拳人の世代も翼の世代も好きですけども。
なんにせよタマオメ! でした。
試合はそうですね。残念だったとしか言えないです。内容はよかったですし……とか言ってたら、2010年を忘れたのかとか言われそうですけども、まだあの時ほどにどうしようもない、という気はしてません……とか言ってたらリメンバー2010……と無限ループしそうなのでこのへんでやめますがw、何より選手、特に森重あたりはよくわかってるように見えますし、あの時屈辱を味わった選手は自分なんかよりわかってると思います。ファンとしてはもう少しの間だけ楽観していたいな、という気分です。
というわけで、やはり、タマオメ!!!

多摩シコロジック 退場男のデカダンス

2012 J1 第5節 川崎 vs 東京(等々力)

うん、勝ったからいいけど、アーリアはもうちょい考えようw アーリアだけが悪いとは言わないけど、復帰早々にこれはなんともかんとも。しかし、そういう試合を降格した年に退場ばかりしていた選手が、J1復帰後にキャプテンとして試合を決めてくれるのだから、感慨深いものがあるなあ。

トップの試合の前には小平でも、プリンス関東1部という舞台での東京×川崎も開催。久しぶりのユース観戦。ユースのリーグ初戦を見ると、ああ新年度が始まったのだなあと思う。
この日は野沢が見れなかったけど(ツイッタでノロでお休みと見たがw)、10番を背負った二瓶翼、軸のFWとして期待している岩田拓也が見れて楽しかった。特に岩田はこの試合、相手の脅威になり続け、見ていた川崎サポにも14番(岩田)が持つと恐いと言わせていた。また、そんな岩田に負けない、というかこの試合のMOMの活躍したのは17番の川上翔平。逆転弾は岩田からのラストパスを強引にゴールまで結びつけ、ドリブルでPK獲得し自ら決め、ダメ押しのショートCKを選択し翼にパスしたのも彼である。見るたびに楽しみが増えるのがユース観戦の醍醐味!
そんな楽しいユース観戦を経て等々力へ。しかし、今の川崎フロンターレには等々力はどう考えても手狭だなぁ。試合前から席がなかったり、あっても試合の見れない死角の場所だったりで、イライラ顔の川崎サポさんを沢山お見かけしました。改修の計画があるんだっけ? アレだけパンパンで2万はキツい。席増えるといいねー。
試合は11対11の前半は東京から見ても、もしかしたら川崎から見ても、悪くない前半だったんじゃないかなあと。まぁ問題は後半。開始早々にアーリア退場。東京は米本投入でバランスをとり、やや後ろに傾きつつも走って攻める姿勢を諦めなかったことで決勝点を手繰り寄せる。今思い出しても、高橋渾身のミドル→川崎GK弾いて東京CKゲット→ナオ、東京G裏煽りまくる→東京サポ声援・手拍子最大増→モリゲヘッドで決勝点、はゾクゾクする。リアルに、ゴールへのボールの軌道がスローモーションに見えたわw
あと、ヒョンス。リーグ戦デビューおめ!! 加賀の男前な台詞に見事に応えた。次は味スタデビューだな!!!

蔚山現代がKリーグから来るそうですよ? あら、イ・グノ襲来のお知らせ?

本当は『家長襲来のお知らせ』にしてたんだけどなっw
まぁ、まだチームに慣れてないのかな。
しかし、イ・グノ金髪て。

【AFCチャンピオンズリーグ2012】本日の試合結果

やー、勝てた試合落とした感はどうしてもある。
失点の後すぐ取り返すとか、ちょう勝ちフラグですもの。
それを上条さんバリにバキバキバキーてのはなー。
結果論だけど、勝ち越しの後も変にバランスとらずに相手陣内でキープする方向でサッカーを進めればよかった、というか、バランスとる判断自体はアリだと思うんだけど、その判断に寄り添える堅さとか老獪さみたいなものは、東京にはまだないかもしれないねw
まぁどうしても勿体ないと思ってしまうけど、ポポヴィッチ東京になって、まだ4試合目。
まだまだこれからこれから。

あと、梶山、トク、ヨネか。
トクは何と言っても先制点。
あの場面でループでほりこんでゴールしちゃうとか、何なのw
梶山はもうどうしちゃったのと。
や、元々センスはすげかったし、去年も一昨年も東京のサッカーの中心には必ず梶山がいたんだけども、今年は別格だわ。
もしかしてキャプテン任せられたのが好影響してたりするのかな。
そういうタイプだとは思わなかったけどもw
とか思ってたらJ's goalのコメントで、この出来で文句言われててビックリw
そしてヨネ先発。
どう見ても試合勘が戻ってなかったけど、 まぁちょっとずつ合わせていくしかないよなw
危ないとこに顔出し、セカンドボールへの反応とかは相変わらずイイ。
高橋・アーリアで固まりそうなボランチ枠に切り込んで欲しい。

マリノス様におかれましてはますますご健勝のことと心よりお慶び申し上げます

これからもFC東京との末永いお付き合いをお願いいたしますw

2012 J1 第2節 東京 vs 名古屋(味スタ)

さて、ホーム開幕戦。
にも関わらず、ぎりぎりアウトのキッコフ直後の到着w
一部で野球防衛軍などと言われたテリー伊藤が、Jリーグの試合にゲストで来てるとこを見たかった気もしたがw
勝てたしw

正直な話をしたい。
正直なところ、前半を見る限り勝つと思えなかったw
前半何もやらせてもらえてなかったし、ここ数年優勝争いし続けてる名古屋が、後半に(東京が大宮戦同様に盛り返しても)大崩れするとも思えず、あっても同点までだろうと。
それが追いついたと思ったら、あれよあれよという間に逆転まで持ってくのだから、サッカーてのはホントわからないもんだなと。
同点弾は最終的に混戦の中、石川が押しこんだ形だったけど、太田のドリブルと軽快なパス回しは綺麗だったし、逆転の大きい展開から加賀折り返しのアーリアヘッドはグッときた。
3点目のいいとこで奪って梶山→石川、楢崎の股抜いてのゴールは俺が子犬なら嬉ションしてた。
その後、余計な失点あったけど、まぁ優勝争い常連さんに意地見せられたと思えば。
勝てたしw

ロスタイムの話はどう書いてもアレな感じなので割愛w
勝てたしw

あと、米本。
泣くなよ。
もらい泣きしちゃうだろw
勝てたしw

東京のACLデビューがプリスベンで大勝利

俺たちのアーリア!!
火曜日はFC東京がアジアチャンピオンズリーグのデビューを果たし、その上東京ちゃん大勝利!!
内容的にも悪くなく、楽しい試合を見せてもらえてTVの前でビールの旨いこと。
選手も中二日でオーストラリア遠征は疲れもあるだろうに、イキイキして見えたのは、選手もACLwktkが勝ってたのかな?w
自分も含め、ファン・サポの浮かれ具合はツイッタで充分確認出来ましたがw
いやあ、それにしても長谷川アーリアジャスールことアーリア。
安心と信頼のマリノス印ですなあ。
BS朝日の実況・解説の「補強が成功したFC東京」攻勢には辟易したがw、たった2試合で今季の補強は成功だったと思えるのは彼の活躍に他ならない。
いわゆる『梶山いなくても見れる試合』にできてるのは、ポポさんの手腕もあるのかもしれないが、彼のお陰でもあるのかなとも思う。
これまでのFC東京における梶山への依存度は大きく、彼がいないと試合のクオリティが著しく下がることは、Jに詳しい人なら東京以外のファンやサポも知るところ。
思えば、明らかにそうなってきたのは試合の主導権を握ることが多くなった城福さんの時から。
それが顕著になり始めると、良い時も悪い時もそうなってしまうから不思議なものだ。
監督が交代して『サッカーの本質』を追求した熊さんも1年ではそれは解決しきれなかった。
個人的には草民がそのピースになれるかと思ったし、実際梶山の負担を減らしていたと思うのだけど、シーズン終盤にスタメンを逃してしまったw
梶山や草民のような一瞬『?』が浮かぶような天才的なプレイはないのだけど、中盤でボールをサクサク捌き、攻撃に守備に献身的に働いてチームにダイナミズムを与える。
あの身体のサイズもその効果を大きくしてるのだろう。
その上、2試合連続得点なのだから、言うことナシだ。
文さんから続くマリノス印の系譜はやはりバカにならないなw
そういう意味では、千真の活躍も間違いないのである。
やー、マリノス様とは今後ともいいお付き合いをして頂きたく……w

ゼロックススーパーカップ2012はFC東京が出ましたよ

負けたけど2000万おいしいです!!!

試合が始まる前
「おー、西村さんかー」
「J1はいい審判で試合が見れるからいいよねー」
前半序盤
「西村さん、さすがに上手いな」
ハーフタイム
「西村さん……」
後半
「西村雄一」
試合終了
「西村雄一ぃぃぃぃっ」

俺はあいつは初めっから変な審判だと思っていたんデスヨネー(´∀`*)

さて、ポポヴィッチ東京初公式戦。
サッカーの内容的には悪くなく、負けたけど割と楽しい試合ではあった。
新戦力の慣らし、離脱選手の穴埋めなども含め、少なくとも方向性に頭を捻ることはなかった。
問題は、ある程度の結果が出るかどうか。
サポやファンの不平不満はともかく(俺の草民の処遇とかw)、クラブを納得させる程度には結果がついてこないと監督の理想とするサッカーの追求はできない。
もちろん、クラブにも多少の我慢は必要になるが、おめおめと1年でJ2出戻りというわけにはいかない。
ポポさんのサッカーを見ていたいからこそ、結果も出て欲しいところ。

今年は、J1に復帰し競技レベルは上がるし、天皇杯を制したことでACLにも挑戦する。
二人目の外国人監督であるポポヴィッチ東京の1年目、屋台骨の一人として東京を支えてきた今野もいなくなった。
結果、どうなるかなんてもちろんわからないけどw、東京にとってチャレンジングな1年になるのは確実。
しっかり、楽しんで見ていきたい。
つーか火曜にはもーACLかよ。
天皇杯優勝すると見てるだけのファンも忙しくて大変だわー辛いわー(棒

第2次大熊東京初戦

東京 0-1 大宮 at 味スタ(J1第24節)
2010/09/25/SAT/1300(晴)

試合自体は割と理解できる出来と結果。監督交代によるドーピングの効いた内容の悪くなさ。決めきれなかったが故の失点。非常にディスイズフットボール的といえばその通りで、理解はできるけれど、やはり納得は無理。
監督交代直後は勝点3を得なきゃ駄目だと思う。相手が大宮だとか、そういうことは関係なく。交代直後の試合ってのはそういうもんだと思うのです。この試合に関しては以上で。

入らない時は入らない

清水 0-0 東京 at 日本平(ナビ準々決勝2nd)
2010/09/08/Wed
TV観戦(フジテレビtwo)

サッカーは入らない時は本当に入らない。北斗のブレ球FK、達也のポストに当たったシュート、大黒のこれまたポストに当たったシュート、羽生の角を狙ったグラウンダー、平山のヘッドもあった。終盤のゴール前の混戦で撃った数本のシュート。惜しいシュートがこれだけ思い出せる試合も珍しい。
結果としてスコアレスドローになってしまったのは見てるファンとしても口惜しく、結果もアウェイゴールで敗北なわけで、勝点3をしっかり確保できないという意味も含めて、今の東京の課題を浮き彫りにした試合ではあったと思う。ただ、それでも、この日の東京の試合内容は良かったとしたい。
攻撃の場面に関しては、上記の惜しいシュートを思い出せたという点で割と良かったんじゃないかと思う。元々守備の堅い清水。ここは少し楽天的に見たいところ。
そして、何より良かったのは守備。被シュート2桁以下だった筈だし、枠内シュートなんて殆どなかったように思う。危ない場面をつくられかけても、ちょっとしたミスを抜け目なくつき、セカンドを拾うという場面が多く、ハラハラする場面は少なかった。相手は岡崎、藤本がいない試合だったが、こちらだって今野とヨングンがいなかった。というより、相手は本田と小野が戻ってきて、1stよりクオリティが下がっている、というようには見えなかった。
東京の方は意気込みがかなりあったのを含めても、全体的に見て試合内容は悪くなかった。つーより良かった。残りの試合全てにこのクオリティを続ける、てのは無理かもしれないが、このクオリティの試合を1試合でも多くする、このクオリティに近付く試合をやる。これができれば、残留なんて楽勝だし、天皇杯で上位も夢ではない。
まぁそういうクオリティの維持が難しいのがサッカーなんですが。

あと、予選も含めて、もうちょい放送なんとかなんないですかね>フジテレビさん

おれとおまえは

東京 2-0 駒澤大学 at 味スタ(天皇杯2回戦)
2010/09/05/SUN(晴)

重松と碓井はむさし1期生。
まずは勝てたことが何より良かった試合。負けるとは思っていなかったけど、駒大は何かを起こせる力は十分にあるチームなので。
内容に不満がある部分が全くないと言えば嘘になるけど、状況と相手チームの持ち味を考えるとアリかな。
個人では羽生さん。入るとチームの連動性が良くなるよなと。相手は中一日だし、疲れたのもあったと思いますが。走って、チャンスを作り、絡む。やることはシンプルでも効く動きが出来る選手なんだなと、改めて。
不満な点は、いい加減幸野を公式戦で見たいw あくまで個人的にだけど、練習試合の動きとかは、若手の中で一番好きなんだよなあ。ミスも勿論あるんだけど、動き方やランニングにセンスを感じるというか。まぁあくまで個人的に。
それにしても、ホームで勝ったのを見たのは久々な気がするw

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM