死霊のはらわた/鏡貴也

鏡貴也
ティー・オーエンタテインメント
¥ 630
(2013-05-01)

言わずとしれたスプラッタホラーの名作、『死霊のはらわた』がリメイクされるにあたっての企画とも言えるのかな、ラノベ作家の鏡貴也さんによるノベライズ。
映画の『死霊のはらわた』はたぶん中学生の時に友達と見た筈なんですが、友達と騒ぎながら見たので……まぁ全く覚えてないw なので、『死霊のはらわた』には全く思い入れないし、サム・ライミ監督が好きなわけでもないので、正直なところ特に興味はなかったんだけど、鏡貴也さんの手によるノベライズであるということと、アニメイト限定仕様の田島昭宇さんの装画。この2つで購入決定。まぁ普通の方の表紙もかっこよくできてますが、やっぱりかっこいいですな、田島さんの絵→アニメイト限定版死霊のはらわた

内容的には、お話としてはこういったホラーのお手本のようなお話と言ってもいいか。山小屋で男女5人が死霊にいろんな意味で掻き回されるといった展開で、どこかで見たような感じもなくはない、が、鏡貴也さんの見せ方がいいのか、あまり退屈をせずに最後まで怖楽しく読ませてもらいました。
やはり、こういう理不尽なモノに対する恐怖感というのは、ホラーならではだなぁと思う。その理不尽さに納得のいかないところを、豪腕で抑えつけられるような感覚。個人的には、これを感じるといいホラーだなぁと感じます。
解説で作者の鏡貴也さんも仰ってましたが、死霊のある種トリックスター的な傍若無人な立ち居振る舞いが、かっこよくもあり、だからこそ怖くもあり。
それにしてもナタリーはホントにクソッタレだな! ある意味大好きだけどw

というわけで、『死霊のはらわた』ノベライズ、とっても楽しかったです。
原作の映画リメイク版も見てみたい。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM