甘々と稲妻 1/雨隠ギド

最近はお食事漫画やお料理漫画が静かなブームなのか、そういった漫画が増えつつある気がしてます。
かくいう自分もそういった漫画は好きで、有名なところだと高橋しんさんの『花と奥たん』や、よしながふみさんの『きのう何食べた?』、久住昌之さんと水沢悦子さんによる『花のズボラ飯』など、個人的に名作認定している漫画の多いジャンルなわけですが、この作品を読んで、またそういう作品が増えたと、そう思いました。
食べ物がおいしそうに描かれている漫画、とても美味しそう・簡単そうといった素晴らしいレシピを紹介する漫画、またはそういった店だったり料理自体だったりを紹介する漫画は色々あるが、これほどまでに食べたキャラたちの『表情』が素晴らしい漫画はそうそうなかった。

妻に先立たれた夫・犬塚とその娘・つむぎは、ちょっとしたことからある食堂に出向くことになるのだが……といった始まり方。
お話としては何か変わったことがあるお話でもない。ハートフルで、優しかったり、切なかったりしながら、お料理もおいしそうに描かれていて、普通にお料理漫画である。しかし、それらは全て枝葉なのだと、そう言わんばかりのキャラたちの表情。勿論、その表情を引き立てているのはお話なのだけども、それにしても表情がとてもいいのだ。
特にはやはり、つむぎ、だろう。食堂に出向くことになるきっかけの時のつむぎ、出向いた先でごはんを食べたつむぎ、「おとさん、たべるとこみてて!」と言ったつむぎ、そしてそのつむぎを見てる父・犬塚の顔。これを見てるだけで目に水が吹き出てくるのである。
思えば、「おいしいごはん」を食べると、まぁほとんどの人間は自然といい表情になる。何を「おいしいごはん」と定義するかは色々あるとは思うけれども、それぞれにそれぞれの最高においしいごはんを食べてる時は、この漫画のつむぎがおいしいごはんを食べてる時の、あんな表情ができるといいよな、と、そう思わされてしまう漫画でした。

2巻は3月に出る模様。早く読みたいですな。

ヤクザガール・ミサイルハート/元長柾木,なぎみそ

表紙に一目惚れして購入。ジャージJKが日本刀とか……しかも、タイトルから予想されるところのヤクザとか、もう買わないわけにいかんでしょ。
星海社文庫なので再販モノかなと思って検索したら、やはり。06年に竹書房ゼータ文庫から、緒方剛志さんのイラストで出版されたモノの模様。タイトルも同じだし、表紙を見てもなんで当時読んでなかったかなと思うけど、まぁ単純に知らなかったんだと思います。

さて、内容についてですが、これはもう最ッッッ高!!! に好みでした。
ヤクザ meets 異能バトル in 広島、といったところか……などと言われましても、と感じるやもしれませんがw
舞台は1989年、“1945年に新型爆弾が落ちなかった”広島。戦争ムードの薄れた現在でも、一応いまだ交戦国である日本を訪れたアメリカの少年アドルファスは、ひょんなことからトラブルに巻き込まれ、日本刀を操る少女と出逢う……といった具合の始まり方。
ヤクザガールというヒロインもさることながら、ヤクザ×異能バトルという組合せ、史実とファンタジーの結びつけ方と、どれをとっても非常にぶっ飛んでいて、それでいながら上手く繋げてエンターテイメントに昇華してるのは見事という他ない。
表紙見た時から、これは確実に俺が好きなやつに違いないとは思ったけど、これほどまでにワクワクするとは思わなかった。
ただ、だからこそ、これが1冊で終わりなのが残念で仕方ない。
一応、この本はこの本でキリがいいとこで終わってはいるが、もっと色々書ける余地のある作品でもあって。単純に、アドルファスとアカリのこの先は、ヤクザたちはどうなっていくのか、また何故新型爆弾は時を止めているのか……。作品で語って欲しいことが多すぎて、続きがないのなら知らなければよかった……みたいな、悲恋に泣く人みたいな気持ちになってる。
……まぁ、最初に竹書房から出た時に買い支えてなかった人間が言えることではないんですけどねw ……知らんかったんや……!

そんなわけで、星海社さん。
是非とも、この作品の続編を星海社でやっちゃいましょう。お願いします!!!

美将団 信長を愛した男たち/有沢真由,あおいれびん

サブタイトルにある通りの小説である。家臣として、男として、恋愛の相手として、信長を愛した男と男と男の話である。ジャンルとしては、恋愛小説と言っても過言ではないと思うが、女は、ほぼ出ない! 万歳、衆道!
宝島社が行っている「日本ラブストーリー大賞隠し玉作品」とのこと。なるほど、なんだそれ。

さて、物語をメインキャラとして進めるのはお小姓の3人。 長谷川竹(長谷川秀一)、万見仙千代(万見重元)、森蘭丸(森成利)。 基本的には史実を元に描かれた作品ということらしく、メインだけでなく他のキャラたちも実在したキャラになっている模様。
しかし、歴史というモノに全く詳しくないので、「お小姓」と聞くとエロい妄想しかできないわけですがw、この作品を読むと、なるほど、こういう世界であったかもしれないなぁなどと思いつつ、最後まで楽しく読めました。
雰囲気的には、ドラマの『大奥』のそれに近いモノを感じた。愛と権力の欲と感情に塗れた「お小姓の世界」。
家臣としての忠義心、武士としての出世欲、そして、恋。それらが絡み合って、絡まり合って、信長を中心に繰り広げられる愛憎劇。いや、もう非常に楽しかった。
個人的な好みとしては、もう少し「性」の部分に踏み込んでよかったのではないかなぁという気はする。勝手な思い込みですが、衆道、即ち少年愛というのは、同性愛とはまた違った側面があるのではないかなぁ……という気はしてるけど、まぁ、この作品はそういった類の作品でもないかw
少し残念だったのは信長。分量としては300頁もないわけで、どれもこれもというのは酷なわけだけど、信長の内面や気持ちがもっとわかりやすく見えたらよかったなぁといえ気はする。
ともあれ、恋愛小説として、非常に面白かったです。

あおいれびんさんの装画も素敵。挿絵は1枚もないのに、キャライラストがあるのは何でですかw 挿絵もください!w

それにしても「お小姓」というのは素敵な響きであるな。ときめき成分が大量に含まれている気がするわ。

作家彼女。九条春華の「八坂が恋に落ちるまで」/ぺんたぶ,ゆーげん

『腐女子彼女。』の作者・ぺんたぶさんの初小説作品。
帯には、ノンフィクションである『腐女子彼女。』作者・ぺんたぶさんとその彼女であるY子さん、その2人を元ネタにハッピーエンドなラブストーリーを書いてみてくれ、というY子さんの要望がキッカケで書かれたようですが……それだけ聞くと惚気てんじゃねえというところですが……これが、面白かったから困る。
『腐女子彼女。』は残念ながら読んでない為、機会があれば読んでみたいところ。

さて、そんな『作家彼女。』ですが、非常に楽しいラブコメ作品となっております。
美術部部員である八坂と、その部長である春華。2人きりの美術部は放課後は2人で過ごすことになるわけだけども、八坂は美術部らしく絵を描き、Web小説家でもある春華は小説を書く……そんな日々の中、新しい小説として『九条春華の「八坂が恋に落ちるまで」』が持ちあがる。タイトルが示すように八坂と春華の小説のようだが……といった始まり方。
出てくる主なキャラクターはハッキリと言って八坂と春華だけ。そのぶん、2人の濃密な空気感を楽しめるわけですが、それだけではダレそうなところを上手く処理してるのが、最初の取っ掛かりかなぁと思う。
章タイトルに日付が振られているように、特に初期の方は「春華が八坂を恋に落とす」という目的で、2人のエピソードが丁寧に積み重ねられる。何気ないことであったり、日常的な部分であったり……そうすることで2人の外形が象られる。それを共感させられることで読者はお話にのめり込んでいく。それを下支えする2人の軽快な掛け合いは楽しかったし、2人の空気感もいい感じ。
そうしてお話が進んでいくことで、作中小説である『九条春華の「八坂が恋に落ちるまで」』とリンクする形で物語が紡がれていき、読者をラストシーンまで、ハッピーエンドまで誘ってくれる。
最後の最後は剛腕だった気もしなくもないですが、帯にもあるように紛うことなき「すっごいハッピーエンドなラブストーリー」で、非常に読後感が気持ちよく、楽しい作品でした。

ソフトカバーとはいえ大判で350ページと、分量的には結構ありますがサクサク読めます。
また、口絵と本文挿絵もがっちり付いており、ラノベのフォーマットをそのままソフトカバーの本に移したような形。つまり、ゆーげんさんのイラストもバッチリ楽しめます。
表紙イラストだけでも素晴らしいところですが、口絵がちょっとした漫画プラスピンナップになっており、ゆーげんファン必見。
実のところ、小説自体は既にネットで発表されていた作品のようですが、こればかりは書籍化でついたモノでしょうから、個人的にはこれだけでも1000円の価値があったと思った。

また、お試しオーディオドラマとして、八坂……逢坂良太さん、春華……豊崎愛生さんでYouTubeで公開されています。
作家彼女。お試しオーディオドラマ
作品の中で言えばプロローグのような部分になりますが、放課後の2人の空気感がとても上手く表現されていて、取っ掛かりとしては非常にイイと思うので、少しでも気になった方はまずはそちらからどうぞ。
あと、余計なお世話なのですが、Webで公開されているあらすじは、ちょっと書きすぎな感じがします。個人的には、作品読む前にあらすじ読んでなくてよかった、と思いました。
ともあれ、作品としては非常に楽しい1冊でした。ハッピーエンドなラブストーリーが好みの方は是非。

どうせ私は狐の子/森田季節

森田季節
ティー・オーエンタテインメント
¥ 1,575
(2013-02-25)

京都を舞台にJSの目線から家族が描かれた、ちょっと不思議な怪異小説。
主人公は樟葉という小学5年生の女の子。彼女はある日突然「人じゃないかも」病になる。自分は人間じゃないかもしれない、という強迫観念のようなモノに襲われ、体調まで崩し、しかも以前から燻っていた家族の問題まで表面化。そんな折、化け狐を自称するJK荊と出会い不思議な体験をする中で、家族と向かい合っていく。
何かが起こっているようで何も起こってないような、でも確実にいろいろなことは変化していて、そんな中で“狐の子”が自分の存在と家族に向き合う様が描かれるちょっと不思議な、まさに怪異としての狐がテーマであることを思い知らされる作品でした。

人じゃないかも病とか、思春期のよくある中二病的なアレだろと思うなかれ。いや、まぁそうとも言えるのだけれども、そういう部分を、樟葉やその兄(中学生)の思春期のドロドロした部分を抉り出し、またそれを俯瞰するかのような樟葉の少し醒めた語り口が、そういう茶化した読み方をある意味素直にさせてくれず、なんとも言えない雰囲気を醸し出してくれている。
また、樟葉の小学生らしからぬモノの見方と、小学生らしい発想の飛躍が上手い具合に絡み合って、物語の面白味になっている。そこがミステリとファンタジーの間を縫っていくような読み味に繋がり、そこに伝奇的な味付けも加わって、非常に読んでいて楽しい。ネタがわかってからもう一度読み返すとまた面白い種類の作品ではないだろうか。これはアレか、ここはそういうことか、と読み直すのが楽しそう。そのうち読み返したい。第1話がこういう作りなのは、そういう狙いもあってのことかなぁと、ふと思ったりした。

まぁそんなこんなで、思春期ど真ん中での家族がメインの話で、妙にドロドロしていたり痛々しい部分を隠さずに表現されてるし、最終的に起こったことについて何かわかりやすい救済があるわけでもないし、ぶっちゃけたところ物語の『事の真相』も明確な答えを出してくれてない(と思う)。でも、読後感は割と気持ちいい。サッパリ! とまではいかないものの、なんか歯に詰まったモノがとれた的な……もうちょっといい喩えないんですか……。
でも、そういうなんとも言えない読後感が魅力であるとも思います。とても面白かった。

小説 仮面ライダーファイズ/井上敏樹

ファイズは平成ライダーの中でもおそらく上位に入る好きなシリーズです。見てからもうだいぶ経つ筈なのに、読んでいていろんなことを思い出しながら読めました。
元々は『仮面ライダーファイズ正伝 −異形の花々−』というノベライズを加筆修正したモノのようです。そちらは不勉強で知らなかったのですが、“仮面ライダー”ということでイメージして読むとビックリするような内容ですが、当時も話題になったようですねw

さすがに1年のシリーズの満足感を300頁足らずの小説1冊で得ようとするのは無理がある。まぁこれは仕方ない。読む前からそれは覚悟していたので、問題はその凝縮のされ方ですが。前評判にもあるように、残酷だったり鬱だったりする内容や展開がサラッと通り過ぎるのだけども、それがファイズのダークな部分を凝縮してるようにも思うし、そういう意味では1冊のノベライズとしてはよくできてたと思います。
……そう思う、思いますけども、正直な話、これ誰か井上さん監修で本業の小説家とかに託して腰を据えて4,5巻ぐらいのシリーズとしてじっくりやってもよかったんじゃないかなぁ……というのも正直な感想ではあります。
特に『五年後』のパート。こっから本番やん感がね、ちょっとある。全体的にあっさり風味なだけに。
しかしである。
この作品のポイントはそんなとこではないだろう。そう、草加雅人、彼である。上述のように色々物足りなく感じるのに、確かな満足感があるのは彼のおかげだと言っても過言ではない。彼の感じだけは嫌なほどにまざまざと炙り出されているw 今思い返してみても凄いキャラクターだったなぁ……。
まぁそんなわけで草加さんが好きな人は是非読むことをオススメする。

んで、やっぱりファイズ見直したくなった。カブトが既に手元にあるけど、これ読むとカブトも見直したくなっちゃうんだろうなぁ……。

ちょっとかわいいアイアンメイデン 2/α・アルフライラ,深見真

拷問に汗と涙と、あとなんかいろんな液体を流す、女子たちの愛と友情の青春コミック第2巻。帯には「映画化決定!!」の文字。どうしてこうなった! おめでとうございます!!
さて、今回は、拷問部とライバルとなる洗脳部が登場し、彼女らとの対決がメイン、かな。まぁ基本的な部分は日常系が下地にあるので、そこまでどうこうというモノではないですけど。
元々、日常系というのは、何でもない女の子たちの何気ない、しかし見ていて楽しい、みたいな日常を眺めるモノだと思っていたけど、これを読んでいるとグラグラと揺さぶられる。何でもない普通の女の子がいないし、そもそも拷問が日常っていうのが、もうどうしたらいいのかわからない。ソフトながらも繰り広げられる拷問の数々、次々に投入される拷問具。苦悶に顔を歪める女子と、またそれに悦び打ち震える女子。そんな頭おかしい日常系漫画なのに、何故かとても楽しいのだから困る。えっと、これ、映画化、ホントに大丈夫なんですか。
それにしても星野先生は本当にエロいな。物凄い色気だ。今巻はそんなに出番多くないはず、出たコマの数も数えるほどしかない筈だけど、これほどまでに強く印象に残ってるのは、その色気の凄さたるや、という話なのではないかと思う。……まぁ、星野先生、男なんだが……。シーメールってイイですよね! ……おかしいな、若い頃は歳を経るごとにアレな性癖ってなくなっていくんだと思ってたけど、なんていうか、どんどん発酵しちゃうんですね……。ホントに映画化大丈夫ですかこれ。
お、口絵にファラリスの雄牛が。

……映画化、ホントにしちゃって大丈夫なんですか。いや、ファンとしてはめっちゃ楽しみではあるんですがw

スーパーミラクルかくれんぼ!! /近江谷一朗,黒田bb

初めて集英社みらい文庫の本を買いました。読者カードの住所とか名前とか書くところの年齢欄に「学年」って書いてあるし、裏表紙に「★★小学中級から」とか書いてある。そりゃそうだよな……。ごめんな、オッサンが買ってしまって。お前も子供のとこに行きたかったよな……。でも、逆に考えてみると、小学生と同じ本読んでるってことだよね。漲ってきた!
さて、まぁ言わずと知れたことかもしれませんが、はい、黒田bbさんの絵に釣られて買いました。黒田bbさんのJS。これは買うしかないやん? とはいうものの内容も楽しかったので、割と大人でも楽しく読めるのではないでしょうか。ちなみに、本作は第1回みらい文庫大賞優秀賞受賞作とのこと。
内容的には、男勝りなJS6年生の主人公の凛が、おしとやかになる為に茶道を習うはずが、ひょんなことからかくれんぼ道(?)に入ってしまうという、かくれんぼコメディ。
まぁ字や頁が少ないこともありますが、リズムやテンポがよく、とても楽しく読めちゃう。終始ほっこりとして、また、それを黒田bbさんの絵が促してくれて、非常に楽しい読書タイムでした。
また、イラストもラノベよりも多く、おまけマンガなどもあったりして、それ目当ての大きなお友達のみんなも満足できるというフォローもバッチリの安心設計。集英社みらい文庫、やりおる。児童文学、自分に合ってるかもしれない……。巻末についてる、同レーベルの広告の『ロボ☆友』にも興味が沸いてきたー。

言語都市/チャイナ・ミエヴィル

新ハヤカワSFシリーズ作品。新ハヤカワSFシリーズは装丁が好みのモノが多く、この作品も表紙デザインが素晴らしくカッコよかったので、ネットで書影を見た時から買おうと決めていた作品であります。
さて、肝心の内容ですが、凄く大雑把に言うと、辺境の惑星に移住した地球人(?)と、その星の原住民とのあれこれなお話。その背骨になるのがタイトルにもある『言語』ということになりますね。
その星の原住民であるアリエカ人の用いる言語がまたなんとまぁというか。彼らは2つの口を持ち、その口から別の言葉を発音することによって対話する……って、はぁ……そうすか……という三点リーダ連発みたいなアレなんですが、勿論、既存の人類はそのままではそれに対応できないわけですが、そこで作中の彼らが生み出した対応策が、クローン技術によって2人で1人というような人間を作成し、彼ら(彼女ら)を〈大使〉として立てて外交することで、アリエカ人との共存生活を営む……で、その地球人街の名前が原題の『エンバシータウン(Embassy town)』という。
設定もそうだけど、イマーだとかバイオリグだとか、また、その世界の価値観みたいなモノの理解だとか、面白そうではあるのだけど、その反面とっつきにくさも満点というか、正直途中までは読むの辛かったんだけど、慣れてくるとどんどんお話に惹き込まれた。
お話序盤のエンバシータウンに住む地球人と、アリエカ人との関係性の要領の得なさというか、彼らは共存生活をながらく営んでる割にボタンを掛け違えてる感がしてモヤモヤするんだけど、お話が進むにつれてそれが合っていくというか、お互いがお互いを本当の意味で理解していくんですが、ただ、その中にはいろんな感情が入り混じっていて、純粋に楽しかった、とも言えない感もあるんだけど、それも含めて面白かった、とは言える。寧ろ、その割り切れなさ、みたいなモノこそこのお話の肝であり、そして、ラストシーンの妙なワクワク感は、そういうモノの上に立っているのだろう、という気がします。
また、お話とはあまり関係ないんだけど、個人的に、異なる文化圏とか異なる生活様式といった、所謂異世界の住人との共存生活、という意味では、少し冨樫義博の漫画を思い出してしまった。宇宙人という意味では『レベルE』だけど、『HUNTER×HUNTER』の蟲編のそれの方が、より近い気がするな。あの感じが気に入った人はこれも面白く感じるのではなかろうか。
まぁそんなわけで、SFにおっかなびっくりしつつもとても面白かったです。もう一回読み直した方が理解が深まると思うけど、まぁとりあえずこのへんで。

幸腹グラフィティ/川井マコト

表紙の美味しそうな栗ご飯に惹かれて購入。
祖母を亡くしてぼっちご飯が多くなり、料理が下手になってしまったと感じていた中学生のリョウが、週末をはとこのきりんと暮らすようになって、料理が下手になったわけではなかった、ということから幕を開ける日常系漫画。
読み始めた当初は、もっと料理料理した漫画だと思ってた(モーニングで連載されてるよしながふみさんの『きのう何食べた?』のきらら版みたいなの期待してた)ので、若干、思てたのと違う! 感はあったけどw、基本的にはとてもよかったです。
ある意味ではJCがメシ喰ってるだけなんだけど、好きな人と食べるご飯はおいしい、を日常系漫画として上手く出力してる。時々目頭が熱くなった。
それにしても食事シーンが激アツである。時折、読んでるこっちが笑っちゃうようないい表情。おいしいと笑顔を見せるのは、大好きな誰かと食べるご飯だから、だろう。どんなに美味しくても、こんなにいい表情はぼっち飯ではできないだろう。……うう、自分は基本ぼっち飯なので、なんか死にたくなってきたぞ……。
ただ、個人的には彼女たちの、美味しそうに食べる素晴らしい表情はもっと大きいコマで見たいと感じた。所謂4コマ漫画の小さいコマには彼女たちの食べてる表情は窮屈に感じる。読み終わって改めて巻頭のカラーページに戻ってくると余計思う(巻頭カラーは普通の漫画の方式)。
それにしても表紙の栗ご飯美味そうだなあ。実は、これまで栗ご飯が好きだった過去がないのに、栗ご飯食べたい欲が出てくる素晴らしい栗ご飯。
とらのあな特典小冊子は中華イラスト。これまた美味しそうで、イイ表情で喰らってらっしゃる。おなかへってきた。

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM