パンツブレイカーG/神尾丈治,丸ちゃん。

おバカな異能エロコメだと思って舐めてかかって返り討ちに遭う異能悲劇ラブコメ第2巻。
いや、あとがきで作者さんもおっしゃられてるけど、1巻読んで面白さに心酔し続刊を激しく希望したファンとしても、正直2巻出ると思ってなかったw なので、ホントにとても嬉しい。一迅社文庫最高や!!!
気になる内容としては、今回も基本的な部分は1巻といい意味であまり変わらない。まぁどうしたって1巻ほどのインパクトはないが、異能を持つ者の悲哀が描かれつつ、それぞれの物語が紡がれる。相変わらず切なく痛い部分もあるのだけど、不思議と重苦しい雰囲気がないのが好感。
やはり、タイトルでもある主人公の『パンツブレイカー』という能力の素晴らしさか。や、エロい意味で素晴らしいというだけでなくw まぁそれも含めてではあるがw、まず出オチで面白い設定だけどそれだけでなく、ちゃんと描けば描くほどに物語に深みが出るというか。その上で馬鹿らしい設定が息苦しさを開放してくれる感じもあるし。
『くだらない異能がいかにも凄い異能より実は凄い』というモノ自体は最近珍しくないタイプではあるが。もちろん作者さんの描き方が巧いのはあるだろうけど、これほどに味わい深いものなのかと。
もしかして、主人公の能力が『パンツブレイカー』でなく、一迅社文庫エロコメ路線パッケージでなく、もっと真面目な異能悲劇な物語として描けば、ものすごい作品になるんじゃないかなどと思った時もあったけど、多分そうじゃないなー。これはこれだからイイとしか思えない。
また、今回は主人公に異能を与えた元凶である妖刀『浦沙雨』の物語が語られる。プロローグでいきなりその一端が語られるのだけど、これがまたイイ。このプロローグめっちゃ好き。
あと、175頁の挿絵は卑怯だと思いますw ああいうシーンで何故こういうことをするのかw 葉っぱの挿絵がないのもよくわかりませんしw いい意味で絶妙にハズしてるw
一迅社文庫様、3巻も是非お願いします!!!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM