…やって! /行方ふみあき

確か初めてお見かけしたのはどこかのお絵描き掲示板だったと思うけど、その後はpixiv、サイトでチラチラと見ていてファンだったのに、商業誌デビューされてたのを知らなかったのは不覚すぎる。これまで、漫画はほとんど描いたこともないし、あまり読んだこともなかったというあとがきを見てさらに驚愕。溢れる才能かこんにゃろう。
さて、そんな行方ふみあきさんの初単行本『…やって!』だけども、まず表紙から素晴らしい。ある意味、イラストで勝負できる人にしかできない表紙。背景黒(犯の文字入)に女の子ドンッ、ピンクのタイトルロゴ! とても潔いw シンプルな分、女の子のイラストが映える。大きい版でこれをやられると否応なく目立つ。平積みされてたら手にとってしまうよね。それも、カワイイ女の子が描けるからこそ。
タイトルロゴはボカシをバックに入れたのに、どうして更に袋にしてるのかはわからんがw、明朝系とゴシック系を組み合わせたのはとても面白いと思った。女の子がかわいく言ってる感じが上手く出てる気がする。裏もイラストはカワイイが、処理がちょっとうるさいかなw
内容は、お話は珍しい感じはないけど安定はしてる。且つバラエティに富んでいて、飽きることなく一気に読めるんではないでしょうか。素晴らしいのは、カラーと比べても本文の絵が全然見劣りしないことだ。
最近のエロ漫画家さんに限らず、ラノベとかのイラストレーターさんとかにも割と多いが、カラーはとても魅力的なのに、モノクロになるとその魅力が数段落ちる、という作家さんがけっこう多い。今はCGが主体なのでモノクロが下手というよりは、慣れてないってだけの人が多いだけだろうなとは思うけども。昔はカラーが下手という漫画家さんの方が多かったと思うので、CGってすげえなあと思う。
ただ、小説なら本文挿絵はまぁまぁと流せるかもしれないし、一般の漫画ならお話さえ面白ければ絵は我慢できるかもしれない。が、『エロ漫画』はそうはいかない。本文の絵がガッカリだと、モチベーションは下がるなんてもんじゃない。金返せと本をぶん投げたくなるレベルだ。
その点でいけば、行方ふみあきさんは全く問題なし。本文も非常に魅力的で、カラーと比べても見劣りしない。本文の絵がイキイキとしてる漫画はそれだけで嬉しくなるね。キャラクターの表情も豊かで、イキ顔やアヘ顔だけに頼らないのも好感。
ツボだったのは『走れ正直者』かな。ヒロインが非常にかわいくキュンキュンした。『只今童貞大安売り!』はママショタモノでこれも◎。『似た物同士』のツン×ツンも楽しかったw 残念なのは『くわばらくわばら』だ。居酒屋でヒロインと出会うのだけども、その居酒屋のおかみさんが和服割烹着でちょうエロいので、おかみさんのエロシーンはないのは納得できません!!! 和服割烹着のおかみさんのエロシーンがないのは納得できません!!! 和服割烹着のおかみさんのエロシーンがないのは納得できません!!! ちょう大事なので3回書いた。
そういうわけで、とても面白かった。デビュー作とは思えないクオリティだと思います。雰囲気的には、もっとオネショタっぽい感じの作品が中心かと思ったけどそれほどでもなく、逆に普通のカップルモノの破壊力が高くて、そういう意味でも楽しかった。カバー裏も楽しませてもらえて大満足の一冊でした。
しかし、これまで行方ふみあきさんは男の子エロスな絵ばかり見ていたので、なんとなく物足りない感もなくはないw 男の子エロス本もお願いします!w

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM