ベン・トー another Ripper's night/柴乃櫂人,アサウラ

『ベン・トー』コミカライズ2冊目! いやもう表紙だけで買う価値ありまくりだろ。奢我あああああ好きだあああああ!!!
9.5読んだ後だから、アレ読んだ後だからもう奢我への愛が深くなりすぎてもうね。いや、この漫画のお話は奢我に悶えたりするようなお話にはなってないけど。つーか、奢我がメインというよりは印象的にはオルトロスの方が強いw まぁそれは今回のコミカライズで初めて出る新キャラのせいでもあるので仕方ないのだけど。
内容的には、ホントにスピンアウトという感じ。どうしてもアサウラさん本人の筆力による料理などの濃厚なアレはないがw、バトルなどが視覚的に直接楽しめるのはコミカライズの楽しさだなぁ。また、お話そのものもコミカライズ用にというモノではなく、元々あったけどまぁ色々な事情でお蔵入りになってたものをコミカライズしたらしく、お話に対する満足感も高かったです。
というか、このコミカライズの素晴らしさはやはり原作のイラストレーターでもある柴乃さんが直接手掛けることだよなぁ。これ、前も書いたか。まぁいいや。いや、別に、原作イラストレーターと違う人が描いてても面白くない、なんてことはあまりない。普通に面白いことが多いし、原作イラストとは違う楽しみ、という面もあるし。でもまぁそれはそれとして、である。原作で見ていたイラストがそのまま漫画の中で動くのを見るのは、それだけで感動的ですらある。漫画をやってこなかったイラストレーターさんにとっても勉強になることなんだろうな、というのは素人の自分にもイラストを見ればわかる気がしてしまう。コミカライズ以降、特にやはり本文挿絵の絵力みたいなモノが上がったように思いました。ひょっとして、相乗効果でファンにとっての旨味倍増でイイことづくめなんじゃないか?>原作のイラストレーターによるコミカライズ
そんなわけで3冊目も期待します!

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM