お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 8/鈴木大輔,閏月戈

ハーレムの主人公をデートでデレさせろ!
秋に始まったアニメが非常に好調なおにあい。勿論、それを見ている視聴者も楽しいというのが大前提ではあるのだけども、スタッフが楽しんで作っているのが見てとれて、好き嫌いは出るとは思うが、今秋のアニメの中でもトップクラスに面白いアニメになっている。最後まで突っ走ってくれることを切にお願いしたい。
さて、そんなアニメが好調のおにあい原作8巻は、7巻からの流れというのもあるけど、ぎんぎんをむきむきしちゃってぎんぎんなお話になっている。エロい意味じゃない、エロい意味じゃないよー? かいつまんで言うと、今回のメインとなるのは主人公とぎんぎんのデート、そして彼らの出会い編となる。表紙の幼いぎんぎんと主人公は見たまんまの小学生時代ということですね。小学生ktkr!
まぁそういうわけで全編に亘ってぎんぎんであります。見返してみると、本文挿絵にぎんぎんが描かれてないモノが1つもなかった。徹頭徹尾ぎんぎん巻である。ぎんぎん大好きな人は大満足なことこの上なし。ぎんぎんでぎんぎんですね!
しかし、アニメはホントに面白いな。1話やった時は導入がかなりざっくりした感じだったので少し不安だったけど、ノリやネタの部分は全く原作に劣ることなく、というより寧ろアニメという舞台を存分に活かして、原作をクラッシュすることなく、それでいて原作とはまた違った魅力を引き出してる。秋子の衣装とかw そして、それぞれのキャラも表情が多くてとても可愛く、見ていてとても楽しい。2期があるぐらいセールス的に成功してくれたら嬉しいのだけど、お話の進んでるスピード的に2期は難しいか。
まぁとにかく原作もアニメも続きが楽しみです!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM