好敵手オンリーワン 3/至道流星,武藤此史

三角関係ラブコメ in 商業バトル第3巻。
商業バトルもいよいよ本格化。帯にもある通り、水貴はついに会社買収に乗り出す。動かすお話はスケールが大きくなってきたけど、途方もないモノを見ている感じにはなってないので、とてもドキドキハラハラと読ませてもらった。企業の見極めから資金繰りから、一個一個積み上げていく様子をとても面白く読んだ。
対して、弥生は新しいビジネスとして葬儀事業を打ち立てる。その流れで語られる、現在の日本の葬儀についても含めて楽しかった。今の日本の葬儀はお金がかかりすぎ、というのは全くもってその通りだなぁと。日本の平均葬儀費用と、各国の平均葬儀費用の対比があって、初めて見たんだけど驚いた。別に海外と同じにすべきだとは思わないけど、それにしたって日本は高杉だというのは確かに思う。
費用にもかかってくることなので思うのだけども、あまり葬式をイベント的にするのはどうかと思うのです。身内のことだし、葬式のことをgdgdはあまり言いたくないけど、つい2,3年前にやった祖父の葬式が一部、非常に不愉快だった。結婚式とか卒業式とかじゃねーんだよと。感情を盛り上げさせる演出みたいなのマジでいらないから。勘違いすんなと。不愉快以外の何物でもなかった。そういうことを本当に近い親族だけの軽い打ち上げの呑み会の時にも軽く言ったのだけど、俺が空気読めないみたいな雰囲気になったので死にたくなったw でも、祖母の時にはそういうのなかったしさぁ……。まぁ、そんなこんなな思いもあって弥生の葬儀事業の話はとても面白かった。
そして、そんな二人に挟まれてる主人公も自分の置かれている状況に自覚的になってきて、割と楽しげな感じになってきました。なんとか答えを捻り出そうと色々と試行錯誤してるのはなんとも可笑しくてクスリとしてしまう。しかし、まぁ、なるほどと。恵まれてるからって辛くない、という話ではないのだなというのはよくわかった気がする。それはそれとして爆発しろと思うけれども。
そして、今回はまたとんでもない所で次回へ持ち越し。『大日本サムライガール』とリンクしたりしないかしらなどとも思いつつ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM