猫にはなれないご職業 2/竹林七草,藤ちょこ

おっさん猫又陰陽師と霊感腐女子JKが織り成す伝奇小説、2巻。
前エントリ、2012年の好みの新作ラノベで勢いで入れたはいいものの、読んだばかりというのもあったし、言っても新人さんの1冊目ということもあるし……とか思ってた部分もあったのだけど、そんなこと思ってた過去の自分を殴りにいきたいですね、ホント。そういう不安を一息で吹き飛ばす素晴らしい出来で、本当に入れたのは間違いじゃなかったと断言できる2巻でした。
今回、対峙する妖異は鬼。ガガガは小学館だし、ラムちゃんコスプレあるかと思ったけど、それはなかった。
前巻の終わりに陰陽師として生きていくことを決めた桜子なんだけども、陰陽師のこと、妖異のことをこれまで全く何も教わってこなかった為に、怪しい本を読み漁ったり、心霊スポットに行き来したりする。そのうちに出会った不思議なJS国東沫莉から鬼祓いを依頼される、というとこから今回のお話は転がり出す。
今回のお話、緊迫した場面はもうホントにドキドキハラハラしたし、バトルは猫又かっこいいし、凄くお話に惹き込まれて読んでしまった。とても面白かったです。
伝奇とか退魔、ホラーなんかもそうか、そういったジャンルのお話は性質上、どうしたってしんみりするような場面があると思うのだけど、そこをどれだけ陳腐に見せずに読ませてくれるかってのが大事で、そこをどう読ませるかっていうのがこの作品はイイなぁと思う。妖異のおどろおどろしさとか、バトルの面白さとかも大事なんだけども、その裏にある部分がしっかり描かれてると、妖異の怖さや妖異とのバトルがまた活きてくるというか。『うしおととら』もそういうとこガッツリやってたと思うし、熊倉隆敏さんの漫画『もっけ』なんかもそういうとこがすごくよかった作品だと思う。個人的には、そういった名作漫画にも負けてない、と思います!
それにしても、もう一人の主人公? である命は、もうホントにアレな子だなw 今回もいろんな意味で1巻に負けない大活躍でしたが、今後も頑張って頂きたい。
もう一人の新キャラである緋乃香も今後が楽しみなキャラ。まず、ぱっつん前髪がポイント高杉。いっそ麿眉でよかったんじゃなかろうかと思うけど、さすがにそれはアレか。
というわけで、大満足の2巻でした。今後も大期待です!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM