ジョシコーセーの成分。SCHOOL GIRL OVERFLOW/ハセガワケイスケ,ゆあ

有り体に言えば、タイトルにもあるように女子高生の日常のお話、ということになる。
主人公の美樹本花鈴が名門女子校に入学してからの、彼女とその周りにいる女子高生たちとのあれこれ。こういう風に書くと一部の人にはピンときてもらえるかもしれないけど、ベクトルとしては某KRR系とか言われる日常系4コマに連想されるタイプのお話に近い印象を持った。あの楽しさをライトノベルに上手く落とし込んでる。それをライトノベルなりの、また初見なのでハッキリとはわからないけれど、作者なりの味付けをしてる。
特徴的なのは、やはりこの文体だろう。口語みたいなとこもあり、日記のようでもあり、詩的な雰囲気もあり、地の文と会話文が見分けがつかないところがあったりする。だが、それがいい。まぁだからイヤだという人もいるとは思うが。かくいう自分も最初は、うん? と思わなかった、とは言わない。ただ、意図的な部分もあるだろうし、これが上手く作品の雰囲気を出してると思う。とはいえ、ダメな人は全く受け付けなさそうだし、逆に言えば、ハマる人はとてもハマりそうなタイプの作品だとも思う。まぁ自分はハマりましたw
また、見せ方もよかった。3章で構成されてるのだけど、小見出し? のタイトルや添えられた英文も感じ出てるし、本文のレイアウトも改行ガンガンやって、文字も電撃文庫の作品にしては大きい。これが作品の雰囲気を盛り上げるのに大いに貢献してる。
お話そのものも凄くよかった。上記した通りの日常系で、なんてことないことばかりなのだけど、とても楽しかった。先程書いたように、改行ガンガンで文字大きめなのでザクザク読めるのも魅力でしょう。
ゆあさんのイラストもよかったです。表紙に惹かれて買った人は納得の内容だったのではないかと言えるほどマッチングしてました。裏表紙もたまらないです。それに合わせた表紙デザインもハマってますね。
というわけで、とても大満足の一冊でした。続きとかあるのかな。キャラ紹介にあることがエピソードに出てこなかったモノもあるので、そういう意味でも是非読みたいところです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM