覇道鋼鉄テッカイオー 3/八針来夏,Bou

愛まみれ義づくし!
宇宙を舞台に繰り広げられるスーパーロボット童貞武侠小説第3巻! ミャウ=ガーにもたらされた毒にカザンが蝕まれる中、カザンとルゥランの旅の最終目的とも言える、時限陰毒殺の治療法が見つかったという報を受ける、というとこから幕が開かれる。
大好きなシリーズということで期待はしていましたが、期待をあっさりと上回る面白さに震えました。今時、正義と愛をこれだけ声高に叫ぶ物語はそうそう見かけないんじゃなかろうか。しかも、それが全く嫌味とか胡散臭さみたいなモノを感じさせない。それを感じさせないのは、たとえば正義なら、このお話のキャラたちが大切にしているのが正義の正しさではなく、あくまで義の部分、悪を恥じる(または憎む)、ということを大切にしてるからではないかと思う。今更に気づいたが、義という字には「我」という字が入ってるんですな。こういう時に漢字のそれに依るのはあんまり好きではないけど、なるほどと思ってしまったので。
また、毎回書いてる気がするけど、悪役の描き方がたまらないんです。下手したら悪役に思い入れしてしまう、まである。にも拘らず、主人公たちが色褪せて見えることがない。悪役に惚れることで主人公たちが更にカッコよく見えちゃう相乗効果。……八針さん料理とか上手そう。
そして、何より今回はルゥランちゃんですよ。今回は完全に主人公になっちゃってた。読んでいてなんというかもういろんな意味で滾った。なんか変な汁出てたと思う。まぁこのお話はイメージ的には2人で主人公(鉄塊凰も2人で動かすし)みたいな感じあるのでそれはいいんだけど、ルゥランちゃんは完全に侠だったし、カザンくんは最早ヒロインでしたね。しかし、それがまた微笑ましいやらこそばゆいやらで。カザンの独白からのルゥランの反応とか、クライマックスでのルゥランからのカザンへの言葉とか、もうたまらんですよ。
ルゥランちゃんといえば、Bouさんのイラストがまた凄かったですお。表紙のおっぱいがおっぱい過ぎておっぱいいやっほーだったけども、本文挿絵のルゥランちゃんも素晴らしいですわ。27頁は写真立てに入れて飾りたいですね。更に、ミザカの覇道鋼鉄『戦鎧皇』も超絶かっこいい。
そういうわけで大満足の3巻でした。物語としては、カザンとルゥランの関係性、パーティのメンバーも固まった雰囲気があり、ここでとりあえず一息ついた雰囲気がありますが、それ故に更に続きが楽しみなシリーズ。
あと、今回のバトルが楽しすぎて、将来的には某ゲームソフトに「『覇道鋼鉄テッカイオー』参戦!」とか夢見てるので、よろしくお願いします。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM