インテリぶる推理少女とハメたいせんせい −In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI−/米倉あきら,和遥キナ

HJ文庫が大賞選考に際し、タイトル公開された作品のうちにそのタイトルが話題になった、原題『せんせいは何故女子中学生にちんちんをぶち込み続けるのか?』こと、『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい
−In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI−』。原題はそれはそれで面白かったけどw、改題されたこれもなかなかイイなぁ。最終的に奨励賞を取ったようですが「こんなの受賞させるしかない!」とした編集Aさん、GJだと思います。
さて、肝心の内容ですが。まず、原題も含めたこのタイトルは何だと思われるでしょうが、えーと、これ、まぁ、そのままなんです。主人公、強姦魔です。ヒロインはそんな主人公に恋するヤンデレ気味なミステリ脳なJC。Oh……。これを見ただけでもう酷い、と思われるかもしれないが、これが面白かったのがまた酷い話である。この作品をわかりやすく伝えたいと思うのだけど、難しい。色々と考えた結果、辿り着いた答えが……ノリツッコミ小説。せんせいがJCにちんちんをつっこむだけに! せんせいがJCにちんちんをつっこむだけに!!
ジャンルとしてはミステリ、になるか。あらすじには「2人が孤島を舞台に繰り広げる壮絶な頭脳戦と恋愛模様」とあるが、まぁその通りと言えばその通り、と言うしかない。話どうこうより、ラノベとミステリ、メタ的な表現や叙述トリックなど、色んなモノを飲み込んで「爆ぜろリアル!」と叫びながら自ら爆発するような、そんな勢いに飲まれる。前述の通り、好き嫌いが激しそうな色の作品ではあるのだけど、所謂『問題作』とされるモノを読むのが好きな人は、とりあえず読んでみて欲しい。そして、話したい。どやねん、というところをもう色々話したい。自分がラノベ読みオフとか企画してたら、確実に課題図書の候補の1つにする。
少し印象的だったのは、フィクションにおいて、同じように人の人生を踏みにじるのに、殺人はよくて強姦はダメ、みたいな感じは何だという件のところ。確かに、と思わされるのが憎いところではある。フィクションにおいて、殺人鬼は憧れられるみたいとこさえあるもんな。戯言シリーズの零崎とかさ。生まれながらの強姦魔一家の異能ラノベ……これは売れん。まぁ強姦はともかく、こういった少し考えさせられることが随所で出てくるのも面白かった。
ミステリっぽい舞台を揃え、日常ミステリ系ラノベな配役をし、メタ的な展開を交えつつ、何故か強姦魔とヤンデレJCの恋愛模様が描かれるという、HJ文庫の挑戦作。問題作を読むのが好きな人には読むのをオススメしますが、結局肌に合わなくて窓からぶん投げたくなっても僕は責任はとりませんので悪しからず。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM