異能バトルは日常系のなかで 3/望公太,029

厨二病ラノベ3巻!
コミカライズもするみたいですし、ドラマCDも4月発売ということで、ますます勢いを増すシリーズ。このままいけば……みなまで言うまい。
最近のGA作品のアニメ化は、ニャル子さん、織田信奈、俺修羅と、期待以上の出来になる印象があるので、このシリーズも……わかるな。まぁアニメ化がシリーズの成功と言えるのか、というと必ずしもそういうわけではないと思うけれども、このシリーズは日常系の側面を異能で彩っているのもあって、絵的な楽しさも期待できそうですし、是非ともアニメで見てみたい作品なのです。
さて、そんな異能バトル3巻ですが、今回は表紙の通り、千冬ちゃん回! JSいやっほー!! やっぱり小学生は最高だぜ!!! 展開としては、千冬ちゃんの小学校での友達の九鬼ちゃんが登場して安藤たちの文芸部を掻き回す。日常系を銘打ちながら色々仕掛けつつも、日常系的なお話の積み方もしてきたからこそ、文芸部に対するこういう揺らし方はとても利くなぁと。締めも素晴らしかったです。
また、灯代の安藤や兄の一を通して、厨二病に対する考え方や姿勢についての話が出てきたのも面白かった。厨二キャラが出てくるラノベは数あれど、この作品はやはり厨二病をテーマに据えただけあり、とても厨二病に真っ当なラノベだよなぁと思う。
そして、029さんのイラストも最高でした。ピンナップから最高や! と言わざるを得ないイラスト148-149ページの見開き。ち、千冬ちゃん……!

……………………ふぅ。

そんなわけでとても素晴らしい3巻でした。今後もとても楽しみです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM