あまいゆびさき/宮木あや子,ロクロイチ

百合姫ノベル3冊目!
2冊続けて森田季節さんだったので、一部では森田季節文庫などと言われかけていましたがw、今回は宮木あや子さん。
実は不勉強でまだ読んだことがなく、『官能と少女』、『花宵道中』や『学園大奥』など、個人的に気になるタイトルが多く、以前から読んでみたい作家さんだったので、これを機に、と、この本を手に取らせて頂きました。そして、それは大正解でした。
内容としては、艶やかながらも微笑ましいガールミーツガール。特に、主役となる2人、真淳と照乃は幼い頃に出逢うのですが、その出会いと別れがとても鮮烈で、その場面だけでもう胸が締めつけられる。帯に書かれた「照乃ちゃんとのキスは蕩けそうなチョコレートみたいで」というコピーはこれか、と溜息が出ました。
そして、百合に限らず、こういう恋愛モノでは、主役の2人が出会い、別れ、再会する、というのは当然の展開ではある。それがわかっていても、彼女たちの再会は運命だったのだ、と、そう思わせてくれる。それは、真淳の思いなのか、照乃の強さなのか。
裏表紙のあらすじでは、私立の名門女学校で再会するまでをかなりざっくりと紹介されてますが、そのあらすじの中での展開で既にかなりドラマチックではありますが、その後の2人もかなり波瀾万丈っぷりというか、ある意味では少し大仰な側面もあるお話というかw、なんとも、凄い。とはいえ、あくまで2人に視点がある為、お話の展開に読者が置いていかれる、ということはないように思います。最後までどうなるのか、もう女学生に戻った気分になってドキドキしながらページを捲りました。……女学生になったことないけど……。

そんなわけで、恋愛モノとしても素晴らしく、ガールズラブ充もできて大満足の本作だったわけですが、実は、手に取らせて頂いたのは作者が宮木あや子さんだった、ということ以外にもう1つあります。それは表紙デザインです。
装画はロクロイチさんの艶やかで麗しい真淳と照乃と舞散るシロツメクサのイラストが前面に出た表紙ですが、これが実はカバー紙が半透明になっていて、カバー下にもイラストが印刷されており、そのイラストが見渡す限りのシロツメクサにいる幼い2人が下地になっていて、非常に凝った作りになっています。で、読んだ後にそれを眺めるのがまた堪らないんですな。本当に素晴らしい表紙デザインだと思います。百合姫連載時には挿絵があったらしいですが、この表紙が見れたので……まぁ満足しておくとしますw

というわけで、非常に素晴らしい読書タイムを送らせて頂きました。宮木あや子さんの他作品も読んでみたいと思いますし、次回の百合姫ノベルにも大きな期待をしたいと思います。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM