憂鬱なヴィランズ 3/カミツキレイニー,キムラダイスケ

最悪の結末を飾る絵本の悪役=ヴィランズの能力を借りて闘う、青春バトルライトノベル3巻。
今回は月夜の過去が明かされ、彼女の内面と、物語の元となった『ワーストエンド・シリーズ』の謎が紐解かれていく。

今回、登場する絵本は2つ。1つは『ピーター・パン』。こちらはあらすじにも書いてあるので書くまでもないが、今回のお話の核となるのはもう1つの方……なんだけど、これはネタバレになるのでなんとも感想が書き辛いw 最高でした、とだけ言っておきます。
既存のキャラクターでは、今回はきいろちゃんが大活躍でした。だから表紙になってるのもあるのかな。元々いいキャラクターでしたが、ここまでいいキャラクターだとは。イラスト的にも、口絵、目次、『スケベなヴィランズ』と、八面六臂と言って指しささえのない活躍。今にも「フンッ」と聞こえてきそうだわw
そして、ちーちゃんこと千鳥ちゃんですわ。「ちーちゃん」と呼ばれる人は全て天使なのではないか疑惑が出てきました。まぁこの物語に出てくる女の子はみんなそうですけど、ちーちゃんは特にいいキャラクターしています。序盤で日和についての話でポロッと出てきた言葉、彼女のキャラクターだからこそ活きた言葉に映ります。
また、そのちーちゃん、日和、月夜の共同生活、覗き見てみたい。いやいやいやいやエロい意味ではないですよ。3人の共同生活の日常系短編みたいな感じとか面白そうじゃないですか。ゆるゆる〜っとした感じで。ダラダラ〜っとした感じで。たまにキャッキャウフフみたいとこもあったりして。そんでまぁエロい部分はその中で少しだけやってくれれば。ええ、少しだけでいいんですけども。はい、少しだけ。
あと、一郎のかっこよさは留まるところを知らないな。

キムラダイスケさんのイラストも素晴らしい出来。作品の緊迫感と迫力を余すことなく表現された挿絵は痺れるし、たまに流れる弛緩した空気も上手く手繰り寄せて絵にしてしまうのは脱帽。今回で言えば口絵のちーちゃん、ロリコン、きいろちゃんのシーン。なんだこれwww スケベなヴィランズも最高です!w

次巻は『ワーストエンド・シリーズ』の作り手が本格的に登場とのこと。楽しみですわ。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM