コロロギ岳から木星トロヤへ/小川一水

2231年と2014年を繋いだ時間と空間を跨いで物語を紡ぐSF。
小川一水さんの作品は今作が初読み。端的に言って、とても楽しかった。
あらすじを読んで、とっつきにくい雰囲気も感じなくもないし、実際読んでいてもどういうこと? ってページを行き来したりする場面もなくはない。が、そのへんを巧くエンターテイメントに持っていっていて、読みやすく、何より楽しい。

個人的に何がよかったって、やっぱりカイアク。3次元の距離や時間を跨ぐように漂う4次元の生物にもうwktkしっぱなし。そのwktk感を崩さない見事なキャラ作りとでもいうか、読んでる間中カイアクに魅せられっ放しでした。
自分はちゃんと物理学とかそういう勉強したわけでもないし、そういうSFとかをいっぱい読んでるわけでもないんですが、宇宙とか4次元とかそういう男の子的な興味だけは一端にあって。たとえば、ヒストリーチャンネルとかナショジオとか好きでけっこう見てるんですが、たまに多元宇宙の話が出てきたり、時間の概念の話が出てきたりして、わからないながらもいろんな空想はしたりしていても、でもやっぱりなかなかちゃんと理解するのは難しくて。
4次元という場所のとっかかりみたいなモノが掴めなくてまとまりがなく、やはり空想がしづらい。そういう部分で、カイアクみたいなキャラが出てくるこの物語はとても面白かった。自分の4次元のイメージ通りというわけではないけど、こんな考え方もあるかぁ、と空想が少し捗って楽しい。
そうそう、捗るといえばリュセージとワランキの2人ですな。2231年のリュセージとワランキの妙に距離の近いコミュニケーションは、2014年の彼女たちの心を満たすに違いないので、カイアクは彼女たちに2人の様子を詳細に教えてあげて欲しい。リュセージとワランキのお話、星逢ひろさんでコミカライズとかしませんかね……?

と、こんなふうに宇宙とか時間とか次元の知的好奇心と、少年同士の友情に腐女子的好奇心が交錯する、いろんな意味で捗るエンターテイメントに仕上がっている作品になっており、とても楽しい読書タイムでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM