ヒカルセカイ/雨降波近,タカハシマコ

百合姫ノベル4冊目。
今回は一迅社文庫アイリス少女小説大賞への応募作を加筆修正した作品とのこと。
挿絵もしっかりついていて、百合姫ノベルにますます期待が大きくなります。

主人公は不幸の女神候補・ミレット。天界の神様学校の卒業試験として、「1人の人間を不幸にして殺す」という課題を与えられる。そこで、地上に降り立ち彼女が目をつけたのは、ガールズプログレッシブメタルバンド「ノーバディズメルトダウン」でボーカルとギターを受け持つJK・彩乃。いつも不運なのに……不運だからこそなのか……妙におおらかな彩乃にミレットはすんなりと共同生活を送ることになり……といった感じの始まり方。ファンタジー×バンドの百合作品といった感じでしょうか。

まず思ったのが、プログレッシブメタルを聴いたことがない。検索すると、Dream TheaterとかQueensrycheとか出るけど、名前は知ってても音を聴いたことがない。単純に、プログレッシブな感じでメタルな音を出すバンドということでいいのだろうか。と言うと、そもそもプログレッシブとは……みたいな話になりそうなので、この話はこのへんでやめておこう。
まぁそんなジャンルでガールズバンドを組んでギターボーカルを務める奔放なヒロイン彩乃に、主人公であり不幸の女神候補であるミレットが振り回されてしまう、バンドでJKな日々が描かれつつ物語は進んでいきます。
雨降波近さんは音楽活動しているということもあってか、ノーバディの演奏の様子なんかは臨場感があって雰囲気出てるし、ノーバディの面々とミレットとの絡みもなんとも楽しく、非常に楽しく読めました。だからこそ、ノーバディの面々とミレットが不幸の女神の課題へ向き合うことになる場面は、読んでいてヒリヒリとする感触で読んでいて辛い……と言うとネガティブな感じになってしまうけど、言わば、だがそれがいい、という感触というやつで。
個人的には、そこそうなっちゃうの? という場面があったり、最終的なシーンもこういう感じになるのかぁという印象だったりしましたが、全体としてはとても面白かった。

また、最初にも書きましたが、今回の百合姫ノベルは挿絵ががっちり入っております。タカハシマコさんの可愛らしいイラストで表紙だけでなく本文でも作品が飾られており、それも楽しかった。

と、そんな感じで面白い作品でした。一迅社文庫アイリス少女小説大賞から百合姫ノベルへの拾い上げ、というのも面白い試みだなと。こういった作品が他にも出てくると更に面白いレーベルになるなぁ>百合姫ノベル
雨降波近さんのプロフィールを読むと高知県出身なのかな、という気がするので、その意味も含めて、次回作が気になる作家さんが増えました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM