サエズリ図書館のワルツさん 2/紅玉いづき,sime

世界の終わり、が一度起こった世界の、その後の人たちの滅びかけている本を巡る物語、2巻。

今回、物語の中心となるのは『サエズリ図書館のチドリさん』という章タイトルが示すように、千鳥さん。
大学4年生の千鳥さんは就活中なのだけど、自他共に認める真面目な人間ながら、しかし真面目な人間故に、なかなか決まらない。そんな中で出会った“図書修復家”……行き着いたのはサエズリ図書館。
本当に今回の主人公は千鳥さんな2巻でしたが、読んだ時の印象はいい意味で1巻と変わりません。本への真摯な愛情が溢れ、優しく解きほぐされるようなお話と文章には心打たれるし、時に激しく揺さぶる感情的なシーン、具体的には千鳥さんと降旗先生のそれ、には、もう、心を撃たれる思い。
まぁ2人だけでなく、それ以外のキャラの関係もみんなたまらないのですけども。それこそ降旗先生とワルツさん父であったり、ワルツさんとタンゴくん、ワルツさんとサトミさん。
あ、今回は最後の最後に『サエズリ図書館のサトミさん』という短編が1つ収録されていて、本当に十数ページの短い短編なのですけど、これがもうたまらない出来で。たった十数ページなんだけど、登場人物の人生の記録を何百ページも読んだかのように感じる程に濃縮されていて、読み終わった後に、感服の溜息が漏れ、鮮烈で痺れる。
また、それぞれにうっすらと流れるのは仕事……働く……生きる、ということ。仕事をすること、働くということ、生きることとどう向き合うか。チドリさんのお話があっての、サトミさんのお話。どちらも働くことについて少しずつ触れているのだけど、全く違う表情を見せてくれる。

それにしても、紅玉いづきさんの書く文章好きだわ。言葉選びだったり、句読点の打ち方だったり、リズム感が心地いい。読んでいて、スルスルと頭に流れ込んでくる感じ。
simeさんのイラストもまた素晴らしい。表紙から扉絵から、物語の空気感をそのままパッケージングしていて、キャラの息遣い……本のインクの匂いまで伝わってきそう。光の具合がたまらない。

というわけで、大満足の2巻でした。
電書がどれだけ便利になっても、紙の本から離れられそうにない人、必読です!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM