アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 6/榊一郎,ゆーげん

祝TVアニメ化決定! ガリウス先輩凄い!

大体標準的なスピードのアニメだと原作はこのへんまでは溜めるよな……な、6巻。
今回は予告があったように慎一のライバル登場。そして、そのライバルとはゴスロリに身を包んだ……あ、ガリウス先輩流石です!!!
まぁそんなわけで名目としては慎一のアシスタントとして登場したライバル・光流なわけですが、これがまたアシスタントとして非常に有能でエルダントの民のオタク化を更に進めることに成功することに。そして、急進的なまでのそれが以前に現れた懸念が最悪な形で再燃することに……といった展開。
いや、やはり、この作品はとても面白い。作品のテーマからしてそうだから仕方ないのだけども、オタクなら誰でもあるあると頷いたり笑ってしまうようなネタ……というのは別段珍しいモノではないが、それを織り込みながらタダのネタとしてではなくその先を考えさせるような方向性にも振れされる。いや、まぁこれも別段珍しいモノではないのだけどw、なんというか大体そういうのって説教臭くなりがちで。それをあくまでそうならずにエンターテイメントとして読ませてくれる、という部分。そのへんは榊さんの巧さなのかなぁと思う。今回のオチの部分なんかは、まさかイラストまで挿んでくるとはw
その上でその後のペトラルカ陛下ですわ。今回出番があんまり多くなかったので、興奮しすぎて鼻血出るかと思った。いや、そのぶん、ミュセル分ががっつりだったので、それはそれで鼻血出かけてたけど。
そんなわけでゆーげんさんのイラストも最高なので、まだ読んでない人もアニメもあるし、これからでも読んだらいいですよ。ガリウス先輩も凄いですし。

あとアニメについて。講談社ラノベ文庫原作のTVアニメとしては先陣を切るということらしく。講談社という後ろ盾があるレーベルだとしても、既存のレーベルの経験値には勝てていないのは素人の自分から見ても少し見てとれるわけですが、それ以上に面白いこともしようとしてるのは感じていて。それは作品そのものの指向性もそうだし、たとえば味噌喰えのPVであったり、たとえばがおられの公式同人誌だったり。頑張ってるなーというのはひしひし感じるわけです。
そういうレーベルがTVアニメというメディアミックスにどう乗り込むのか、というのはとても興味がありますし、またこの『アウトブレイク・カンパニー』はこのレーベルでもおそらくトップクラス人気があり、また自分も好きなので一体どういったアニメになるのか、楽しみで仕方ありません。

というわけで毎回のことながら大変楽しかったです。
次巻は短編集になるとのことですが、表紙はやっとこさのあの人という話もあり、何にせよ楽しみ過ぎます。

……それにしてもガリウス先輩偉大だわ……。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM