のうりん 7/白鳥士郎,切符

2014年1月よりアニメ開始! な、のうりん 7巻!!
いやー、アニメ。GA文庫はアニメ化がいずれも面白い作品になってるので、今から年明けが楽しみです。

さて。
本編の感想の話に入る前に書いておきたいことがある。それは、2巻は農が表紙、3巻からはとらのあな限定版として農が表紙を麗しく飾ってきた。それはもう天使だった。そんな天使である農とアニメイト限定版になってる林檎とを揃えて並べ、やはり農は可愛い、至高である、結婚したい、という思いを強く再確認してきたものだ。
しかし、この7巻である。とらのあな限定版がない。つまり、農の表紙の7巻がないのだ。解せぬ。アニメイト限定版のやつはあった。更に解せぬ。刺身のつまだけあっても仕方ないのではないでしょうか。
どういうことなのか。脳が、心が、魂が、その意味を、理解を拒否している。受け入れ難い。国家間であれば戦争も辞さないレベルであることは疑いようがない。なんなら、もう先制攻撃かけてるまである。正義を決めるのはやはり戦争しかない……それが世界の答えなのか……!
えーとですね。
農は天使なのだから、農の表紙は用意してください。お願いします。本当に。
いや、マジで。マジでマジでマジで。本当にお願いします。

で、内容のお話ですが。
今回は学園モノとしては所謂修学旅行回。
5,6巻とディープな農業ネタを割とガッツリとやってシリアス色が高かったわけですが、この7巻はその反動なのかwガッツリとコメディ方面に振れた内容になっており、非常にその楽しさを体感できる。
旅行先は沖縄ということで、口絵から水着回な女の子とFree! なサービスイラストで飛ばしてるが、本文1発目から盛大に吹かされた。1巻から、笑ってしまってお外で読めないライトノベルという評価自体は変わっていないが、それを再度実感させられた。
しかし、このネタは本来のターゲットの中高生はわかるのだろうか。ある程度、オタク文化やネットでのネタに慣れ親しんだ人ならわかるかもしれないけど……まぁ流れ星銀河やら特攻の拓のネタやってるので、まぁ今更な話かw
そんなわけで1発目でかまされた後は、もう完全にペース乗せられる。修学旅行のドタバタが展開される……中でもチラリと農業ネタも入れつつ、存分に『のうりん』ワールドが体感できる。今回は林檎の過去も絡んで、シリアスな面と反比例するようなハイテンションなコメディ面が激しく交錯する。この落差もまた楽しくて仕方ない。
あとは通常版表紙にもなっている新キャラですな。表紙イラストを見て頂ければ、あとは……わかるな。この肩や腰骨、肉の感じ……さすが、切符さんやで……!
その切符さんとのイラスト、お話との組合せも流石。もう貫禄出てきた感ある。最後のイラストの使い方も秀逸。こういうようなラノベ、もうちょっと出てきてもいい気がするんだけどなぁ。今やるとコレと比較されちゃって辛いのかもしれんけど。
最後に、やっぱり農は天使であった。

とまぁ、こういった感じで、農の表紙の限定版がないこと以外は大満足の7巻でした。農の表紙の限定版がないこと以外は。
8巻は2014年1月、アニメが始まるのもあってか、ドラマCD付き限定特装版を出すとのことですが……農のこと、お願いします!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM