密葬 ─わたしを離さないで─ /江波光則,くまおり純

江波光則さんのガガガ文庫にて描いた『鳥葬』に続く青春小説。タイトルも類似しているモノになっているし、主人公やメインの登場人物は『鳥葬』とさほど変わらないので、シリーズ2巻目と言って指し支えなさそう。
今回は、あることがキッカケとなって陵司が同級生・真琴にモップで殴りかかり、そのことで1ヶ月の停学になったことから始まる。前回の『鳥葬』で起こったことはそれとそれとして心に留めておくにせよ、あの殺人の後からそれまでの自分に戻りつつあった陵司だったが、真琴に殴りかかったキッカケ、真琴という人間、停学免除を釣り餌にして左翼教師・間宮が出した課題、自分を含め状況や関係が急激に変わっていくことから、過去に、周りの人間に、更に深く向かい合うことが余儀なくされていく……といった様相。

いや、しかし、江波光則さんの作品は星海社の『魔術師スカンクシリーズ』もそうだったけど、1度読み始めると最後まですぐ読み切ってしまう……というより、読み切ってしまいたくて仕方なくなると言った方がいいだろう。魔術師スカンクシリーズに関しては、そういう勢いやスピード感をモロに感じる作品なので、あまりそこが気にならない。まぁそういう作品だし、と思えてしまう。
しかし、このシリーズは主人公の陵司自身が停滞しているというか……いや、逆に老成していると言えばいいのか。たとえば、彼は高校生という若さで将来の仕事をライン工に決め打ちしてる、という人間なのである。別に若い奴は大層な夢や希望を持て、とは全く思わないが、だからと言ってライン工決め打ちというのはまた、なんというか、極端すぎる。主人公がそんな感じなもんだから、魔術師スカンクシリーズとは全く違う雰囲気なわけなのだが、それでも読者をグイグイと作品に惹き込む引力は変わらずに存在していて、読み始めるとページを繰る手が止められなくなる。
そして、その引力が作品に表現された目を背けたくなるようなシーンを読者の心に刻みつけてくる。それに惹起される感情の動きは、他の作者の作品ではなかなか得られないように思う。
このお話の結末は、突飛なモノでも何でもないけども、こんな風に描かれた彼らが辿り着いた結末だからこそ、何でもないエンディングが心に響く。

……それにしても、間宮先生、怖すぎる。魔術師スカンクシリーズでもこんなキチガイおらんかったぞ……。
やはり、以前の作品も読むしかないなと思ったキャラでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM