きんいろカルテット! 1/遊歩新夢,DS

オーバーラップ文庫のOVERLAPキックオフ賞金賞受賞作。
読む前に友人に、「音楽版ロウきゅーぶ!」と言われたのだけど、なるほど、「女子中学生は最高だぜっ」と叫んでしまいそうだw

ユーフォニアムの奏者として音大に入ったものの、なんとなく身の入らない毎日を送っていた摩周英司は、恩師の紹介で、ユーフォニアム、コルネット×2、テナーホーンからなるブリティッシュ・カルテットという編成の女子中学生の指導を頼まれる。吹奏楽部を追い出された彼女たちの演奏に魅入られ可能性を感じた英司は、彼女たちのコーチを本格的に引き受けることにするが……といった様相。

好きなことを楽しみ、夢中になって、より上を目指す、まっすぐな少女たちの情熱と頑張りは、所謂、スポ根モノにも負けない熱さで、彼女たちの四重奏を想像してこちらの心が震える思い。先ほど挙げた『ロウきゅーぶ!』のそれに全く引けをとらないと言える。まったく、女子中学生は最高だぜ!
また、どうやら作者の方はプロのユーフォニアム奏者の方らしく、音楽のこと、楽器のこと、吹奏楽や金管バンドなどのことなど、 かなり微に入り細に入り解説……というわけではないのだけど、しっかりわかって書かれてあるので、そういう意味での楽しさもあるのも面白い。
正直なところ、スカ以外の部分では吹奏楽というモノにはあまり興味をそそられることはなかったのだけど、この作品を読んで何か聴いてみようかな、と思うようになった。音楽そのもの以外で、こういったモチベーションをつけられるのは、作品に力があるということなんだろうなぁと思う。
ただ、実のことを言えば、主人公のことはあまり好きになれないw なんというか、まぁ理由は色々だけども、でも、お話はそれを一息で吹き飛ばされる面白さでした。

DSマイルさんのイラストもよかった。
カラーのキラキラとしたような色彩が素敵で、本文の方も空気感を感じさせるイラストで作品を彩ってくれていて、挿絵を見るのが楽しい。
キャラも、特に女子中学生の4人。こないだまで小学生でした、という幼さがありつつも、少し大人びてきた色気もあって、微妙な年齢の少女が上手く表現されていて……まったく、女子中学生は最高だぜ!!!

というわけで、非常に面白かった。
2013年12月の発売でありながら、2013年後半のラノツイ杯の新作の部で2位を射止めるという快挙は、さもありなんというところでした。
2巻も楽しみにしています!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM