I.R:I.S 1 Indirect Ruler : Infinite Seizor/澄守彩,シロウ

『魔法使いなら味噌を喰え!』の澄守彩さんとシロウさんのコンビで送る新作。
前回は魔法だったけど、今回は超能力。味噌は出てきませんw
タイトルはアイリスと読むようです。
超能力の源として、色とりどりのエネルギーが出てくるので、虹やギリシャ神話のイリスのことでしょうか。

超能力者が支配する世界のお話。その世界では超能力を目覚めた少年少女は人工の島に集められ、そこで超能力者として育成される……といった背景。主人公の黒鋼和人はその島に集められた一人。
この世界を支配する超能力。その源は空間を漂う「エーテル」と呼ばれるエネルギー。能力者はこれを支配して利用することで超能力を使うことができる。支配力が弱いと弱い超能力しか使えない。また、空間を漂うエーテルは一定量であるらしく、支配領域が狭いとエーテルを確保できない為、またそれも超能力が使えない……というような様相。
で、肝心のこのお話の主人公である和人だが、その支配領域は2.7cm。普通の能力者……と書くと変な感じがするがw、まぁ普通の能力者が数m〜数十mに及ぶのに対し、2.7cm。
この島では訓練としてチームを組んで模擬戦のようなことをやったりするわけだけど、頑丈ということ以外に強みを持たない和人はチームを転々とする日々。
そんな落ちこぼれの和人を、ある日、圧倒的なエーテルの支配力と支配領域を持って一人で連戦連勝する、学内序列1位の皇理緒が和人にチームと組むことを持ちかける……といった感じで転がり始める物語。

味噌喰えであったような泥臭いアクションと、楽しいキャラの掛け合いは健在。 異能バトルは二の次と言わんばかりに、キャラの人間関係をしっかり描かれるあたりも好み……と、読んでいたら中盤あたりから特撮ヒーローモノになっていた。何を言ってるかわからないかもしれないg
いや、まぁそこまで特撮ヒーローではないのだけどw
キャラたちが魅力的なのも相変わらず。メインの二人に割って入る、もう一人のヒロイン・鑓見内春姫の謎方言は、あざといと思いながらも可愛いと思わないではいられない。その3人を取り巻く人たちもそれぞれ面白そうなキャラで、先々が楽しそう。
ただ、味噌喰えの呪文詠唱が凄い好きだったので、そういったモノが今回ないのは残念だったけど、概ね面白かった。

シロウさんのイラストも相変わらず素晴らしい。今にも動き出しそうなシロウさんの絵をライトノベルの挿絵で見られるのは幸せ以外の何物でもない。
場面を切り取って、その中で動くキャラを想像して描かれたような絵は、見ていて楽しくなる。

というわけで、2巻ももう出てるので、近々読みたいところ。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM