後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール/石川博品,wingheart

「女装少年出仕」から幕を明け、「女装少年出世」で幕を閉じるお話。
ある野心から女装して宮女として後宮に侵入した香燻は、そこで在籍することになる下臈所にて野球……ハレムリーグ・ベースボールに参加することに……というある意味シンプルなお話……これは、「ある意味」だとしてもシンプルなのか……?

女子ばかりの場所に見目麗しい男子が女装をして侵入したり生活したりするというパターンは特段珍しいというわけではない。漫画やアニメやゲーム、そしてラノベでも過去にそういった作品はあるが、その先で……しかも後宮で……野球をやるという意味がわからないw
意味はわからない。どうしてこうなったとも言いたくもなる。なのだが、読んでみると、とんでもなく熱く、面白い。
ドロドロとした後宮の人間関係……権力に塗れ、野心に溢れ、思惑に絡まり、感情を押し出して行われる、ハレムリーグ・ベースボール。白球に懸ける彼女たちの情熱に、心打たれる。場外ホームラン級に打たれる。
白球を追いかける時の彼女たちのそれは、後宮の権力争いや人間関係のそれとは切り離された清々しさがあるにも関わらず、上手く反映もされていて、それがスポーツの熱を上げ、読む者の熱をも上げていく。その熱、それが本物のスポーツに似ている感触があって、読む者の心にずっしりと響く。
読み終わり気がつくと、外国の後宮の宮女たちは野球をして過ごしていたのだ、日本の大奥もハレムリーグ・ベースボールを開催するべきだった、そう思ってしまうまである。

と、まぁこんな感じで、後宮というどうしてもドロドロな人間関係を連想してしまう場に、野球というフィクションでもスポ根ど真ん中のジャンルをぶち込むという荒業をやってのけ、更にめちゃくちゃ面白いエンターテイメントに仕上げるという、石川博品さんの底知れなさを見た気がしました。
また、文章の巧みさ……と書くと所謂文章力的に捉えられるかもしれないけど、そうではなく、読みやすさとでも言えばいいのか。心地よい文章も特徴的。
石川博品さんは、クセの強いストーリーを作ってくる印象だけれど、何故か頭にスルスルと入ってくる印象もある。それは、そのへんにあるのかなぁなどと思った。

一応、この巻でお話のある程度の着地はしていますが、まだまだ先を読みたくて仕方のないお話。是非とも、続きをお願いしたいところ。
続き、お願いします!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM