竹画廊画集 2010-2011/竹

好きなブログを読みすすめるような、お気に入りの日めくりカレンダーをめくるような、そういう楽しさを感じられる画集。
縦長いレイアウトを下からめくるのがまたたまらない。
エロい意味ではなくw
竹さんの作品の雰囲気にもノせられてとても楽しい気分で読めちゃう。
イラレ・フォトショ絵混載で表紙裏表紙のゴチャゴチャ感も合わせて楽しい。
個人的な好みは、ゆーすと子ちゃんとケモ絵。
まとめて見るまで気づかなかったけど、竹さん割とケモい絵多いよね。
特にメリノちゃんヤバイ!
内容も装丁も大満足の1冊。
2010-2011とついてるということは、竹画廊が続く限りは毎年のように見られるということだと思うので、これから毎年が楽しみになるなw

ここからは蛇足に近いけど、暇な人はどーぞw
冒頭の竹さんの語りでピンと来る人はネトヲチ歴の長い古参であるw
これは間違いなく『take+』のことだろう。
『take+』というのは、竹さんのサイトのことで、そのサイトにはコンテンツはお絵かき掲示板しかなかった。
まぁ色々あったらしく、結局やめちゃったけどね。
それがだいたい10年ぐらい前の話。
当時はお絵かき掲示板全盛期で、いくつか見てるだけで楽しい掲示板がいくつかあった。
そういうのは基本的には大手掲示板郡の1つだったり、何かの作品の集まり的なものが多かったけど、中には個人の掲示板で面白い掲示板も少なからずあって、その1つには確実に『take+』は挙がった。
当時はお気に入りのニュースサイトやブログを廻るみたいに、定期的にお絵かき掲示板を廻ってたのだよw
なので、やめちゃった時の悲しさったらなかったなあ……。
こんなふうに纏めて見せられて太田さんが『竹画廊』で『take+』の再現をやりたかったのか、というのに今まで気づかなかったのは不覚以外の何者でもないけど、これは当時のファンとしてはとても嬉しい。
ちょっと涙ぐんだw
というわけで、こういうめんどい古参が見てるので竹画廊は末永い運営お願いしますw>星海社さん

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM